FC2ブログ
2016年09月25日 (日) | Edit |
朝起きると外は霧に包まれて何も見えなかった。
まるで昨日の三方ヶ峰のきりが下りて来たようだ。
陽が昇るにつれて霧は晴れたが、雲が切れて青空が出てきたのは10時を過ぎたころからだった。
それにしても久しぶりの青空が待ち遠しかった。
物置の燃やす紙類がいっぱいになっていたので午前中畑で火燃しをした。
孫たちが冬休みに来る時は焼き芋を楽しみにしているらしい。
都会育ちでは、外で火を燃やすこともままならないのだろう。
一緒に燃やした、剪定枝や古材が雨で湿気ていてなかなか燃え切らず、午後にまたいでしまった。
火を燃している合間に、畑の草取りをした。
日中デッキに出していたゼラニウムの鉢を家の中に入れた。
カネノナルキも一緒に入れようとしたが、久し振りの日射しを受けて葉が青々と輝いていたので、もう少し冷え込むまで出しておくことにした。
春先早くデッキに出し過ぎて、急な冷え込みでほとんど葉を一度は落としてしまったあと、ようやく半分以上回復してきたところだ。
昨日の里山同好会の例会を欠席した会員に、会報や写真などを郵送した。
一番近い立科町の蟹原集落にあるポストに投函してきた。
今度の会報で、発行数も5年間で17号に達した。
最初は、年4回出すつもりで始めたが、3年目から3回に減らしたので、中途半端な数字になってしまったが、来年度1年間で3号出せばちょうど20号になるので、それを区切りに廃刊にしようかと考えている。
今度の総会で申し出るつもりだ。
ほとんど紀行文は、ジイの書いたもので、それもこのブログをベースに会員用に加工したり脚色して載せている。
それほど重荷になっているわけではないが、同じようなメンバーで長くつづけたら、書く方も読むほうも飽きてくる。
20号はちょうどいい区切りになるだろう。
午後から、明日からの信州釣行に備えて持ち物を用意し、チェックした。それでも何かしら忘れ物をしたりするのが、毎度のことになった。明日の朝にしか準備できない、クーラーボックスやそれに入れるものなど、紙に書き出してリストにしておくといいのだが・・・。
ブログはしばらくお休み、帰ってきてからまとめてアップする。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック