FC2ブログ
2016年10月24日 (月) | Edit |
今日から日本水彩画会上田支部の写生旅行だ。
朝6時に起きた。東の空が日の出で赤く輝いていた。
8時に東御市中央公園に集合することになっているので、旅行係としては早めにいっておかなければと、20分前に到着できるよう7時20分に家を出た。
普段なら15分で行けるところだが、朝の通勤ラッシュで車が多く、7時40分になってしまった。
すでに5人が来て待っていた。送迎のマイクロバスも10分前に来た。
ここで乗車する11人が8時5分前には全員集まったので出発し、次の集合場所丸子地域自治センターに向かった。
予定していた8時20分にピッタリ到着し、ここで5人を乗せて再出発した。
途中のコンビニでお昼を用意できなかった人のためにお昼を買って、最初の写生場所である大町山岳博物館に行った。
ここも到着予定の10時にピッタリ到着することができた。
よく晴れていたが、高台にある博物館の下の展望広場から見る北アルプスの山並みは、残念ながら雲がかかっていて、稜線や山ひだが隠れていた。
写生を始めたころはその状態だったので、雲に隠れた山を描かざるを得ないか、と雲を入れて描き始めたが、次第にその雲が晴れてきて、時折稜線が見えるようになったので、見えている間に稜線や山ひだを急いで描きこんだ。
それもお昼を過ぎるころには、すっかり雲が取れて全く遮蔽物のない山並みが見えた。
山岳博物館からの風景① 山岳博物館からの風景②
午後2時半まで描いたあと、送迎バスが迎えに来て今日泊まる黒部ビューホテルに行った。
12.5畳もある広い部屋でしばらく荷物をおいて休んだが、同室になった人の中には、部屋の窓から見える景色をスケッチする人や、今日描いた絵の仕上げをする人もいた。
ホテル側で、今夜の宴会場の隣の部屋を用意してくれていたので、3時半から1時間今日描いた絵の作品研究会を行った。
まず描いた本人から絵の狙いや苦労した点など説明をした後支部長からそれに対して絵を見ながら講評する形で進められた。
支部の例会では、基本的にこうした講評はしていないので、新鮮だった。
部屋からスケッチ 作品研究会
6時からの懇親会までの間に各自温泉に入ったりして寛いだ。宴会の料理も、宿泊料金の割にはまずまずで、参加者も満足してもらえたようで、写生旅行係としては胸をなで下ろした。
ただ、隣の部屋の宴会のカラオケが時々聞こえてきて辟易した。
8時前にお開きになり、部屋に戻った。8時半にはもう鼾をかき始めた人もいたので、ジイも寝ることにした。
9時前の天気予報を見るつもりだったが、そこまで行かずに眠ってしまったようだ。
懇親会
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック