FC2ブログ
2016年10月25日 (火) | Edit |
昨夜は早く寝過ぎたようで、12時前に目が覚めた後1時間ばかり眠れなくなったが、その後は6時半までカーテンを開ける音で目が覚めるまでぐっすり眠っていた。
7時の朝食までに洗顔して着替えをした。
窓の外は快晴で、昨日の午後の天気の再現のようだった。
だいぶ冷えたようで、窓から見える近所の畑には霜が降りた様子だった。
朝食はバイキングで、7時に会場に行くと大勢の宿泊客で賑わっていたが、席がなくて困るほどでもなかった。
朝食にしてはメニュウも豊富で、出ているもの全部を食べ切るには無理がありそうだったので、食べたいものだけを選んで食べた。
8時半にロビーに集合し、予定通り8時45分にホテルを出て、木崎湖に向かった。
途中のローソンで注文しておいた昼食を受取って、9時前にキャンプ場に到着した。
写生を始めた時は快晴で、青空が湖面に映っていたが、次第にその青空の面積が少なくって、雲が覆い始めた。
湖の水温のせいか、朝の冷え込みが残っているせいなのか、描いていて身体が冷えて指先が思うように動かなかった。
天気予報では、晴れのち12時から雨となっていたが、10時ごろから、ポチっと雨が落ち始めた。
木崎湖 雨が降り始めた木崎湖 今日描いた絵
10時半ごろまではその程度済んでいたが、10時半を過ぎることから湖面にも雨が落ちた波紋が見えるようになってきたので、写生は終わりにすることにした。
ホテルに11時頃迎えに来てもらうように電話をしたが、あいにくバスが出払っていて11時には無理ということで、実際にバスが来たのは11時半近くになってしまった。
待っている間、先輩の先輩の会員から、描いた絵の講評をしてもらって、山か湖か主題がどっちかわからない構図になっていると指摘されてしまった。
やっと来たバスに乗ってまっすぐ丸子、東御に戻るつもりでいたが、迎えに来たバスは帰り用のバスではなく、急遽手配したバスらしくいったんホテルまで戻ることになった。
ホテルに戻ると、控室を開放してくれて、そこで朝ローソンで仕入れたお昼の弁当を食べることができた。
ホテルの気配りでそんなことまでしてもらったので、ホテルについても旅行係についても参加者の評価が上がってしまって、ぜひ来年もこのホテルでお願いします、と言われた。
帰りのバスは、途中で本降りの雨となる中、丸子に午後2時7分、中央公園に2時30分に無事戻ってくることができた。
中央公園に着いた時にはほとんど雨が上がっていた。
3時前に家に戻れたので、そのあと明日の朝食の食材で在庫が切れているものがあったので、上田アリオまで買物に出かけた。
今回の写生旅行は、絵を描くことよりも、無事写生旅行が行われることに神経がいってしまった感じで、久し振りに疲労感を感じた。
退職してから8年半も過ぎ、段取りに気配りをしたり、進行に気を使ったりする現場から離れて、すっかり神経が錆びついてしまっていた。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック