FC2ブログ
2016年10月27日 (木) | Edit |
朝のうちは雲が多くすっきりした晴れではなかったが、次第にその雲も流れ去ってお昼ごろには快晴になった。
昨日は気温が上がったが、今日は北風が吹いていてあまり気温が上がらなかった。
明日からまた雨の予報が出ていたので、雨が降るとまたしばらく畑で何も出来なくなるので、今日タマネギの苗を植え替えることにした。
まず植える場所を牛フン堆肥を入れてミニ耕運機で3回ほど耕した。
そのあと黒マルチを掛ける下に化成肥料と牛フンをもう一度入れて土を均した。
最初のタマネギ用の穴空きの黒マルチを掛け、次の畝に掛けようとしたら、黒マルチが途中で終わってしまった。
大急ぎで立科町のコメリが一番近いのでそこまで買いに行った。
まだお昼前なので買ってきたマルチを掛けようとしたら、風が強くなり出してマルチが風に飛ばされそうになり、一人ではうまく掛けられなかったので、作業を中止してお昼ご飯を食べることにした。
午後から、お昼休みを早めに切り上げて作業を再開した。
バアも手伝いに来てくれたので、育苗した苗を抜いて根から土を落として植えやすくしてもらった。
風も少し収まったのと、マルチの止め方を工夫して、何とか4列の畝のマルチングを独りで準備することができた。
今年は育苗がうまくいったので、去年より倍以上の畝を作った。
バアと二人で苗を植えたが、しゃがんで苗の根元を4~5cmの深さに埋め込むのはかなり大変だった。
バアはドライバーで、ジイは竹箸を使って穴を開け、そこにタマネギの苗の根の部分を差し込むようにするのだが、穴を開けても土が乾いているので、アリ地獄のように周りの土が崩れて穴を塞いでしまい、何度も穴を開け直さなければならなかった。
半分ほど進んでから、穴を開ける前に土を押さえて固くしてから穴を開ければ崩れにくくなることが分かって、ようやくスピードが上がるようになった。
植え終わった後数えたら487本になっていた。
植えたあと苗の周りに籾殻を入れるように教わったが、新しいもみ殻をまだ手に入れていないので、それは後回しにした。
道具を片付け、最後に水やりをしてすべての作業が終わったのは4時半だった。
タマネギ
時間があれば、明日の文化フェスティバルの設営と展示に持っていく作品として、当初考えていた千曲川の絵をもう一度手直しして、その仕上がり具合によっては、それを持って行こうかと思っていたが、とても絵を描く気分になれないほど疲れてしまった。
結局コスモスの絵を持っていくことにした。
富士山が昨日初冠雪となったニュースが報じられていたが、浅間山はまだ降っていないようだった。庭のヤマボウシは、今年は色がよくないと先日のブログに書いたが西日を浴びてそれなりにきれいに赤くなっていた。
浅間山 ヤマボウシ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック