FC2ブログ
2016年11月03日 (木) | Edit |
夜中にトイレに起きたら、夢にうなされて目が覚めたり、寝不足感いっぱいで朝起きた。
午前中上田支部の写生旅行の2日目で描いた木崎湖の風景画が、雨で中断したままだったので、仕上げるためジイ小屋でしばらく描いていたが、久し振りの偏頭痛で集中できなかった。
何とか一応の完成をさせたが、いま一つ気持ちが乗っていないせいなのか、出来がよくなかった。
描いた日迎えのバスを待つ間、指導的な立場の人から、紅葉の山と、湖と主題がどちらかわからない構図になっている、と言われたのがどこかに引っかかっていた。
絵の具も着色も薄くて弱い感じだ。今月の小品展に出すほどの出来ではないか・・・。
仕上げた木崎湖の風景が
午後お昼を食べたあと、布引観音まで千曲川の写真を取りに行った。
午後から川沿いの林に陽が当って、紅葉が映えていると思って行ったが、少し遅すぎたようだ。
すでに半分山の影が映り始めていて、岩場や川面のところは陰になっているので、カメラで撮ると林の上の空が白く光ってしまう。真上から陽が当るお昼前の時間帯でなければ駄目なようだ。
西側の山の影が写らない場所は、紅葉がまずまずだったが、例年よりまだ色がくすんで見えた。
千曲川① 千曲川②
家に戻った後、同時刻に行われているJリーグの2試合の放送を、交互に見た。
初めに浦和レッズと横浜マリノスの試合、次に松本山雅とロアッソ熊本をみた。
レッズは、前節の勝利でセカンドステージの優勝を決めているが、今日の最終戦で勝てば年間の優勝となる大事な試合だった。
ここぞというときに勝てない、という悪しきパターンから今年は脱しつつあるが、それでも残り数分でリードを守れず同点にされてしまった。
勝ち点1差で優勝を争っていた川崎フロンターレが、2点のリードを守れず逆転負けを喫したので、何とか優勝ができた。
レッズの悪弊をフロンターレが引き継いだような形だ。
松本山雅は、ほとんど危ない場面はなく、PKを外したりして思わぬ苦戦をしたが、後半に1点を入れて勝った。
J2の自動昇格圏内の2位をキープしたが、残り3試合負けられない試合が続く。
春先のモタモタした試合を見て、今年はJ1復帰は難しい、とブログでコメントしたことがあるが、よくここまで立ち直らせたものだ。
夜になっても頭痛が消えないので、薬を飲んだ。
1時間ほどして薬が効いてきて傷みが弱くなった。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック