FC2ブログ
2016年11月16日 (水) | Edit |
今朝の気温は2℃、晴れているが冷たい北風が吹いているので、日中になっても気温は8℃までしか上がらなかった。
西側の畑の先の林がすっかり紅葉し、晩秋の雰囲気になった。
庭のサンシュユも一気に葉を落とし、木の周りが落ち葉のじゅうたんになっていた。
西側の林の紅葉 落葉したサンシュユ
一昨日の夜の雨は、標高の高い浅間山でも雪にはならず雨だったのか、それまでの冠雪が無くなっていた。
夏の間はほとんど姿を見せないヒヨドリが柿の実などを狙ってやってくるようになった。
ジイ小屋の横にある百匁柿も鳥のくちばしに突かれて穴が開いていた。
今日の浅間山 穴のあいた柿
今日はどこも出かける予定がなかったので、先週の写生の絵を大幅に手直しした。
東御美術会で描きに行った御代田からみた浅間山麓を描いた絵は、背景の緑と紅葉の縞模様になったところは、色を落とした後ほとんど濃い色の絵具を使わないで、薄めにした。
中景の家並み部分を強調する色合いにしてみた。
次に二日後に小諸高原美術館から描いた、これも浅間山麓を描いたものだが、これも中景の林の紅葉を強調しようとしたが、全体の色調に変化がなく、画面全体がそれぞれ主張し合っていて落ち着きがなく失敗作になった。
2,3年前に描きに来た時もうまく描けなくて、仕上げ切れなかったが今回も同じような失敗体験となってしまった・・・。
御代田で描いた絵 小諸で描いた絵
昨日安倍政権は、南スーダンの陸上自衛隊の派遣部隊に安全保障関連法に基づく新たな任務として「駆けつけ警護」を付与することを決めた。
現地の治安情勢が悪化しているため、撤収規定を設けるなど自衛隊の活動要件を厳格化はしているようだが、自己防衛以外の他国の応援にも武器を使用することを認めるものに変わりはない。
昨年9月に成立した安保法に基づき、いよいよ本格的に運用が始まる。
首都ジュノバで政府軍兵士でさえ国連職員や民間人がいたホテルを襲撃し、殺人や性的暴行をするような治安が悪い中で、何が起こるかわからない。
他国で戦争をしない、という日本国憲法の最後の一線も越える結果になる可能性が高い。
南スーダンで、日本国憲法下で「初めての」自衛隊員の戦死者が出ないことを祈るばかりだ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック