FC2ブログ
2016年11月24日 (木) | Edit |
昨夜日付が変わる頃、就寝前に外に出て見たが、まだ雪が降る気配はしていなかった。
朝起きて真っ先にカーテンを開けると、一面銀世界だった。
すでに10cm近く積っている様子だった。
こういう景色を見ると、この年になっても心躍る気分になる。
普段と違う世界に入り込んだようなワクワクした感じとでも言うのだろうか?
朝食のあと早速カメラで雪景色を撮りまくった。
雪は昼過ぎまで降り続いた後、いったん小康状態になった。
雪景色① 雪景色②
午前中から、どこへ行くあてもないので、ジイ小屋で絵を描いていた。
嬬恋村のキャベツ畑の絵を手直ししたり、今年東京へ出して落選した「みちのく釣行」の絵をいじくったりしたあと、先月大町山岳博物館から描いた風景画の描き直しの続きを描いた。
この絵は、写生旅行で描いた絵が完全な失敗作で、手直しするぐらいではよくなりそうもなかったので、その画用紙の裏にもう一度描き直し始めたものだ。
山の稜線と襞の影の部分を、セピア色で最初に彩色するグリザイユ画法を用いて描いたところで止まっていた。
嬬恋村のキャベツ畑 みちのく釣行 山の稜線と襞
昼食のあとほとんど雪が止んだので、雪かきをした。
午前中、ジイ小屋にいたので気が付かなかったが、除雪車も出動したらしく、家の敷地の入口のところまでは除雪してあった。
除雪車は10cm以上の積雪にならないと出動しないから、この辺りがそれ以上の積雪だったことが分かる。
家の前の西側の道路と、ヤマちゃん家につながっている北側の道路の雪かきをした。
11月に雪かきをした経験は、信州に暮らし始めて10年目になるが初めてだ。
12月になってクリスマス前に雪が降り、まさにホワイトクリスマスを経験して喜んだ記憶はあるが、11月の積雪は、この辺でも珍しいのではないか?
西側道路の雪かき 北側道路の雪かき
庭のモミの木がまさにクリスマスらしい雰囲気を醸し出していた。
まさかクリスマスまでこんな状態が続くわけはないが・・・。
モミの木
雪かきのあと、またジイ小屋にこもって大町の風景画の続きを描いた。
景色が俯瞰的過ぎて、山のふもとの街並みをどういう風に描けばいいかわからず、白いまま残ってしまった。
家並みを下手にごまかさず、上手に省略する描き方がわからない・・・・。
午後3時ごろからまた雪が舞い始めたが、積もるような雪ではなかった。
大町の風景
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック