FC2ブログ
2016年12月01日 (木) | Edit |
早いものでもう師走を迎えた。ここ数年この日の書き出しは、いつも同じだ。
先日の兄の法事のとき、兄のように目的地に直線的に逝くのはやめて、遠回りして逝くつもりだと挨拶したが、あまり回り道をして時間を使っているようには感じられない。
時間があっという間に通り過ぎていくようだ。
ゴールまでの時間というのは、量ではなく質が大事だということか?
今日は東御美術会の例会と納会があった。
例会は寒くなったので外の写生ではなく祢津公民館の室内で静物画を描くことになっていた。
いつも途中で乗せていくFさんが例会は欠席するというので、一人で公民館まで行った。
夕方からの納会があるので、例会は早めに終える、ということで午後1時過ぎには筆を置いて、会長に講評してもらった。
描いている途中、指導的立場の役員たちは、いつにも増して懇切に描き方を指導していた。
美術会としてのレベルに危機感を持ち始めているようだ。
今日は長い時間掛けられないと思い、いつもより小さいサイズの6号の紙で描いたが、それでも布の折り目やワインボトルの形を左右対称に描くのに苦労して、デッサンに時間がかかり、制作半ばで終了となり、講評に耐えられる状態ではなかった。
次回、といっても来年の話だが、完成して持ってくるように言われてしまった。
今日の画題 今日描いた絵
1時半に解散となり、近くのコメリに寄り道した後家に戻った。
すぐに家で絵の仕上げをしようと思ったが、疲れてボーっと過ごしている間に納会に行く時間になってしまった。
4時半になって当りはも薄暗くなり始めていた。
夕暮れ
会場の御牧苑までバアに送ってもらった。
バアが送迎してくれるようになったので、一昨日の上田支部に続き、今夜も宴席で本物のビールを飲むことができた。
ノンアルコールのビールではやはり気分が盛り上がらないし、まず美味しくない。
東御美術会がここを利用するのは、ジイが入会してからは初めてだが、同じ3,000円会費で食べ切れないほどの料理が出た。
松本市では、市の職員が率先して宴席での食べ残しをしない運動をしている、と報じられたことがあるが、若いうちなら無理してでもお腹に詰め込むことができるかもしれないが、年を取るとそれは無理な話だ。
頑張ってはみたが食べ切れなかった。
毎日計った体重をカレンダーに記録しているが、去年より今年は1~2kg増加している。
来年の目標にはまた減量を掲げなければならなくなりそうだ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック