FC2ブログ
2016年12月21日 (水) | Edit |
冬至の今朝は、マイナス3℃で霜が降りて白くなっていた。
冷えた空気に湿った暖かい空気が入り込んできたのか、霧がかかっていた。
霜と霧の朝
一時期霧が濃くなったが、10時ごろには霧も晴れて青空が広がったので、年末にやってくる二女家族のために布団を干した。
午前中年賀状の文面を考え、使う写真もみちのく釣行に決めて、何枚か試し刷りをしたうえで、バアにも見てもらった。
印刷と一筆書き沿えるのは明日にしよう。
お昼を食べたあと、天気もいいので家の周辺をウォーキングすることにした。
家を出ると、ため池が鏡池のようになっていて、浅間連山を映し出していた。
浅間山に積もっていた雪も半分以上融けている。
鏡池のような池
立科町を流れる番屋川に沿って歩いた。
入り組んだ谷あいにある2軒の牧場を通り過ぎると八重原台地につながる広いリンゴ園の淵に沿って歩いた。
途中、久し振りに浅間連山と我が家が見える場所を歩いた。
この場所から我が家を見ると、手前が谷のように落ち込んだ地形になっているので、高台に家が建っているように見える。
ウォーキング中の浅間と我が家 我が家
1時間半ほど歩いて家に戻ってきた。
冬至とは思えないポカポカ陽気で、布団を干していたデッキの温度計は21℃まで上がっていた。
ハナが日向ぼっこをして気持ちよさそうだった。
ベルリンやトルコ、シリアではテロや内戦で凄惨な人殺しが連日起きているのに、ここだけはあまりにも平和な光景だ・・・。
平和なハナ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック