FC2ブログ
2017年01月10日 (火) | Edit |
今朝もマイナス1℃で寒さは厳しくなかった。
青空が広がって、昨日降った雪はみるみるうちに融けていった。
家の南側の麦畑も土が現れ始めていた。
浅間連山も雲もかかっておらずくっきりと見えた。
ただ少し冷たい風が吹いていたので、ウォーキングは思いとどまった。
融け始めた雪 朝の浅間連山
昨日描き始めた秋の千曲川の風景画のデッサンをした後、続けて彩色も進めた。
午後も4時ごろまで描き続けたので、半分近くまで進んだ。
ジイ小屋で描くときは、あまり集中して長い時間描くことはないのだが、今日は珍しく午前、午後と籠って描いた。
暖房を点けっぱなしにしていなくても、部屋の中が冷えてこなかったせいかもしれない。
千曲川の絵に彩色を始めた 今日までの絵
描き終えて外に出ると、浅間山の上に月が出ていた。
夕方の浅間連山
最近はテレビのニュースを見ていて、安倍首相やトランプ次期米大統領の顔がしょっちゅう出てきて、そのたびに嫌悪感をもって見てしまうのだが、そんな中でロサンゼルスで8日開かれたゴールデングローブ賞の授賞式で女優のメリル・ストリープさんが、トランプ氏を批判したニュースが報じられた。
その一部を朝日新聞から抜粋した。「長年の功績をたたえるセシル・B・デミル賞を受賞したストリープさんは「ハリウッドはよそ者と外国人がいっぱいの場所。そこから彼らを追い出してしまえば、フットボールと格闘技しか残らない」とスピーチ。トランプ氏の名前は出さないままだったが、観客の歓声と大きな拍手を浴びた。さらに、トランプ氏が選挙戦中、障害のあるニューヨーク・タイムズ紙の記者のまねをしたことを「公の職に就こうとする人がこのような屈辱を与えれば、他の人にも広がっていく。軽蔑は軽蔑を招き、暴力は暴力を招く」などと批判した。」
日本の国内の在日韓国・朝鮮人に対するヘイトスピーチとかわらない差別的な発言を続けてきたトランプ氏に対して、恐れることなくまともに批判をする映画人がいることに一種の安堵感をもった。
まだアメリカも捨てたもんじゃない?
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック