FC2ブログ
2017年01月14日 (土) | Edit |
昨夜寝るまで星も見えて降る気配もなかった雪が、朝起きると辺り一面が白くなるほど積もっていた。
ただ5日前の雪ほどの量ではなく、車を走らせるのに問題はなかった。
朝の雪の様子
8時過ぎに家を出て、雪を心配していたFさんを乗せて、彩明会の例会の会場の祢津公民館まで、普段よりスピードを落として走った。
公民館では、もう既に半分の会員が来て、会場を作り暖房を点けて部屋を暖めてくれていた。
新年最初の例会とあって、リンゴやイチゴのデザートを持って来てくれたり、クルミ餅を持って来てくれたり、至れり尽くせりだった。
9時から総会を始め、ジイの用意してきた資料に基づいて議事を進行した。
資料の中で今回も1カ所間違いがあった。
会議のほうは想定していた方向でほぼ進み、1時間ほどで無事終了した。
会費の件もジイの提案した額で同意をしてもらった。
来月の会員展の役割分担もほぼ決めたので、それぞれ責任持って準備してくれれば、無事当日を迎えることができそうだ。
一泊の写生旅行だけは今後の検討事項ということになった。
彩明会総会の様子
総会の後は、作品研究会をやった。
出品する作品は一人4点だが、多い人は10点近く持ち込んだ人もいたので、顧問の先生の講評も時間がかかって、全員の作品の講評が終わったのはお昼前だった。
作品研究会の様子
今日のお昼は、近くのベイシアに予約してあったお寿司のお弁当をみんなで食べた。
今日は静物画を描く予定にもなっていて、画題にカニシャボやヒヤシンスなどの花や、黄色いカリンの実などを持って来て準備をしてくれていたが、これからの雪の不安もあったので、絵を描くことは中止して、午後1時に解散することにした。
10時ごろまで断続的に降っていた雪は、例会を終えて帰る頃には、すっかり止んでいたが、風が強く吹いていて、その風で積もった雪が湯煙りのように巻き上げられていた。
1時半ごろ家に戻った。
空一面雲に覆われていたが、浅間山の東の一角、関東方面だけわずかに青空が見えていた。
気温は朝マイナス5℃で、それからほとんど気温は上がらず真冬日の一日となった。
浅間山と青空
作品研究会で顧問の先生から指摘されたところを、忘れないうちに直しておこうと、ジイ小屋で3枚手直しをした。
20号の千曲川の風景画は特に念入りに直した。
手直しした絵
テラスのほうでカタンと音がするので覗いたら、タヌキが猫ご飯の残りをあさっていた。
かわいそうに皮膚病なのか、体半分の毛が無くなっている。こんな状態でこの寒さを耐えて生き延びられるのだろうか。
猫たちに皮膚病がうつってしまうといけないので、かわいそうだが追い払った。
追い払っても二度三度やってきて最後はきれいに食べつくしてどこかへ行ってしまった。
哀れなタヌキ
天気予報では夕方からまた雪が降りだすことになっていたが、夜になっても降ってきていないが、冷え込みは厳しくなってきている。
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017/01/15(Sun) 15:02 |   |  #[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック