FC2ブログ
2017年02月09日 (木) | Edit |
ホテルの部屋は暖房が効き過ぎていて、暑くて寝苦しかった。
8時からの朝ドラを見たあと、朝食会場に行った。
夕食のレストランとは違って、臨時に広い披露宴の部屋が会場になっていた。
中華の部屋食も選択できたが、昨夜十分すぎるほど中華を食べた後なので、バイキングで食べたいものを食べたほうがいい。
いろいろ取り寄せたら、普段の3倍以上の量になってしまった。
朝食
9時半過ぎにチェックアウトして、ホテルから近い山下公園に向かった。
山下公園は、来月に行われる全国都市緑化フェアよこはま博の会場の準備をしていた。
氷川丸や童謡赤い靴の「赤い靴を履いた女の子」の銅像がまだあった。
氷川丸 赤い靴を履いてた女の子
山下公園からシルクセンターに行ったが、外観は昔の建物のイメージはなくなっていた。
中に入るとたくさんの会社事務所になっていた。
シルクセンターから、水上警察署を通り過ぎて、大桟橋埠頭へ行った。
中学高校時代、下校途中に大桟橋に行き、待合所のベンチで友と語り合った記憶があるが、大桟橋の建物はすっかり様変わりしていた。
大桟橋から見える景色も同じだ。
昔は、父が勤めていた三菱の横浜造船所が見えたが、今はみなとみらい地区になって、ホテルやオフィスビルの高層建築群になっている。
手前のレンガ倉庫も、半分朽ちたレンガ倉庫のようだったものが、今やおしゃれな倉庫に化粧直しされていた。
大桟橋からの景色
大桟橋から横浜税関、象の鼻テラスを通ってそのレンガ倉庫に行った。
イベントが11時から開かれるらしく長い行列ができていた。
このころになると雨が落ち出してきた。
レンガ倉庫でお茶休憩するつもりだったが、倉庫内のショップは開店前だった。
レンガ倉庫から、かつての鉄道敷きの鉄路が残された「汽車道」という通路を通って桜木町駅まで行った。
桜木町も昔の面影はない。
国鉄と東横線の終点で、市電や市バスの始発駅として広い駅前広場があったと思うのだが・・・。
東横線は別のルートになってみなとみらい線になり、横浜駅からJR線と並行して桜木町まで走っていたルートは、地下に潜って市営地下鉄線にかわっていた。
汽車道 桜木町駅
桜木町駅から野毛山公園までの道に、昔の面影を求めて歩いたが、動物園通りの両脇の居酒屋の並びに僅かに昔の名残が残っているだけだった。
傘をさしながら、野毛山公園まで歩いた。
動物園の入口まで行く前に、佐久間象山の顕彰碑が建っていた。
何故長野県にゆかりの佐久間象山が横浜で、と顕彰碑に刻まれた文を読んで得心した。
ペリーの黒船来襲に際して、開国、通商を幕府に提唱し、貿易港として横浜を推挙したのが、佐久間象山だったと記されていた。
長野の松代藩士で砲学者であり、当時幕府の海防掛だった藩主真田幸貫を補佐していた象山がここで出てくるとは・・・
野毛山公園佐久間象山顕彰碑
動物園には入らず野毛山の坂を下りてくる途中で、市立図書館があったので、そこで雨宿りを兼ねてしばらく休んだ。
暖房が効いていて、大勢の人が閲覧室で読書していた。
ジイとバアも今度行くルーマニア・ブルガリアの旅行ガイドを閲覧して小一時間過ごした。
横浜市立図書館
図書館から桜木町駅まで戻ったあと、JR根岸線に乗って横浜駅まで移動し、西口の地下に入った。
学生時代は地下通路に両脇にお店が並ぶ程度だったが、まだ横浜に住んでいたころに相鉄に接続する相鉄ジョイナスという地下街ができて大きく変わったと思うが、そのころから後は引っ越してしまってよくわからない。
東横線の改札も地下になってしまったうえ、今また地上部分は工事で囲われているのでなおさらだ。
地下街の一角で、遅い軽めの昼食を食べたあと横浜をあとにして、湘南新宿ラインの電車に乗って、新宿まで戻ってきた。
高速バス発車までの2時間余りを、デパートなどで買物をしたり、カフェで休んだりして、時間を潰した。
バスタでバスを待つ間に雨に雪が混じるようになってきた。
時刻通りバスは発車したが、都内の道路は大渋滞で30分近く遅れて高速に入った。
高速に入ってもバスは無理にスピードを上げて遅れを取り戻すわけでもなく、結局車を留めてあるバス停に到着したのは25分遅れだった。
留めてあった車のフロントガラスには、雪が積もっていたが、振り払うと軽く飛んでしまう乾いた雪だった。
帰り道はほとんど雪も降ってなく、積もってもなかったので、スリップするようなことはなかったが、夜道で凍っている可能性もあるのでゆっくり走った。
10時前に無事帰宅することができた。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック