FC2ブログ
2017年02月11日 (土) | Edit |
今朝はまた冷え込んだ。暖房が追いつかず、室温も16℃にしかならなかった。
最低気温はマイナス13℃だった。東京あたりでは、氷点下1℃になったことがニュースになっていたが・・・。
今日は彩明会の例会の日なので、8時に家を出てFさんの家経由で、会場の祢津公民館に行った。
まだ8時半前だったが、すでに二人が来ていて、暖房が点けてあって広い講堂も暖かくなっていた。
机と椅子もセットされていて、お湯も沸かしてあった。
おそらく8時ごろには来て準備したに違いない。
とても同じようにはできないので、これからも会場の準備はお任せすることにしよう。
今日の画題は、果物が用意されていたので、それを描くことにした。
リンゴやミカンはもう何度も描いているが、いまだに満足できる出来になったことはない。
今回は、果物を入れてある器が、リンゴと同系色だったので、あえて別の色を使った。
赤、青、黄の三原色のようになってしまった。
今日の画題 今日の絵
午前中、描くのを中断して文化会館まで来年の会員展の会場予約の申請書を出しに行った。
2月1日に仮予約はしておいたが、正式な申請書は、予定していた日程と変わったので、今日の例会で皆の承認を得てから出すつもりだった。
30分ほど外出していたので、他の人より少し遅れてしまったが、食事を挟んで午後1時半の終了までに何とか追いついて、描き終えることができた。
2時前に解散となり、2時半には家に戻ってきた。
家に戻ってから、会員展に出品する絵4枚を額に入れた。
前回先生に見てもらって、指摘されたところを直して、今日もう一度見てもらったが、今度は特に指摘はなかった。
来月の県展に出品する50号の千曲川の絵2枚のほうに話題が集中してしまった。
新緑を描いたものと、紅葉を描いたものだが、先生の評価は、新緑のほうに軍配を上げた。
ジイとしては後から描いた紅葉のほうと思ったのだが・・・。
どちらも修正すべきところを指摘されているので、それを手直ししてからどちらを出品するか決めるつもりだ。
12月のクリスマスの日に亡くなった元会員のかたの遺作を、今度の会員展で一緒に展示することになり、例会の帰りにSさんが遺族のところに伺ったところ、了承していただけたということで連絡があったので、急遽作品を受け取りに行った。
亡くなった元会員は、初代の会長をされた人で2年前に高齢を理由に退会されていた。
家の中に飾られていた何点かの作品の中から、2点を預かってきた。
作品目録に、遺作を加えて作り直すことにした。
例会から戻って来た時には、空の半分は黒い雲、残りは青空、と今にも雪が降り出しそうな空模様だったが、夜になっても雪は降らなかった。
今は月明かりで普段より外が明るく見えている。
空
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック