FC2ブログ
2017年03月22日 (水) | Edit |
午前中は雪の予報だったが、朝起きると陽が射していた。
よくみると風花が舞っていた。その風花もすぐやんだ。
今日は、先日から七二会に来ているマイスターの手伝いに行くことになっていた。
8時半に家を出て、七二会に向かった。上田菅平インターで高速に乗り長野インターで降りて、走り慣れた国道を走った。
途中見える景色で標高の高い山は、昨日の雨が雪だったらしく、積雪で白くなっていた。
昨日の電話で七二会は雪ではなく雨だと聞いていたので、雪が積もっている心配はなかった。
10時を目標に出かけたが、15分早目に到着した。
今日の手伝いは、土蔵の2階部分の南側の部屋の壁塗りだった。
荒壁仕上げになっている壁の上に砂壁を塗る作業だ。
以前に土蔵の外壁塗りを手伝ったことがある。
そのときは釣り仲間4人でやったが、数年で剝がれてしまい、そのあとマイスターが壁の上を板張りして剥がれた土壁の目隠し施工をしてある。
今回は家の中の作業なので、外壁に比べれば簡単に思えたが、いざやってみるとそんなに簡単ではなかった。
マイスターは、玄関ホールの漆喰塗りや、四国の古民家の修復ですでに壁塗りの経験があるらしく、手慣れたものだったが、ジイは初めてのことで、見よう見まねでやってみたが、壁に塗るよりも床下に土壁をこぼす量のほうが多く、マイスターの半分のスピードでしか塗れなかった。
午前中、障子や襖のサイズ1枚分の面積を1時間以上かけてやっと仕上げた。
(壁の画像の左側はジイが、右側はマイスターが塗ったあと。中央はまだ縫っていない荒壁)
土壁の材料 土壁塗り
お昼は四国から持参した舌平目のムニエルなどをいただいた。
舌平目のムニエル
お昼をごちそうになった後、ちょうどワールドベースボールの日米準決勝が9回の佳境に入っていたところだったので、試合が終わるまで見てから、午後の作業を始めた。
午後もジイが1枚分を塗ったところで、用意していた砂壁の材料を使い切ったので、作業終了となった。
部屋の半分しか塗り終わらなかった。壁の材料がないので仕方がない。また次はいつになるのか?
4時には七二会を出て帰路に就いたので、帰りは高速を使わず、一般道を走って帰った。
途中上田を通ったので、ガソリンスタンドで給油してから帰った。
近道の道路を走ったら、交通事故渋滞に巻き込まれてしまい、家に着いたら6時になっていた。
夜になり、ブログに写真をアップしようと思ったら、カメラが見つからなかった。
どうやら七二会に忘れてきてしまったらしい。
(3月24日に画像を追加)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック