FC2ブログ
2017年03月28日 (火) | Edit |
今日は東御美術会の写生旅行の下見の日なので、6時半に起きて備えた。
昨日の朝と違って朝からまずまずの天気だ。8時に家を出て、集合場所の中央公園駐車場に行った。
写生旅行係の二人のほかに大町、安曇野の写生場所に詳しい人も一人加わって8時半に駐車場を出発した。
8時半というのは実際の5月の旅行日に予定している出発時間だ。
すでに去年日本水彩上田支部の写生旅行で、大町に行く道路の行程はおおよそ見当はついているが、一応同じ時間に合わせて出ることにした。
初めに池田町の町立美術館、今は北アルプス展望美術館と名前を変えたところに行った。
以前にも会として何回か描きに来た場所だ。
ここは雨天の場合は、美術館に隣接して建てられている創造館の中の展望室を使えるか確認した。
デッサン程度はOKだが、絵の具を使うのはNOということだった。
池田町立美術館からの眺め
次に宿泊するホテルに行った。ここで30分ほど打合せをして宿泊料金や、マイクロバスの送迎、写生した絵の講評をする場所や雨天の際の部屋の利用などを確認した。
上田支部の時の経験があるので交渉は難しくなかった。
今日来たついでに今年の10月の上田支部の予約もした。
ホテルの人から、写生場所として鹿島槍スキー場から見る北アルプスは迫力がありますよ、というのでホテルの確認が終わった後、そこまで行ってみることにした。
距離はホテルから7㎞とさほど遠くなかったが、行ってみると絵の構図的にはいまいちで却下となった。
鹿島槍スキー場
以前に渓流釣りでこの近くまで様子を見に来たことがあり、ここから中綱湖、青木湖へ抜ける山道を走った記憶があったが、今はまだスキー場がオープンしている時期で、その先は行き止まりで行けなかった。
仕方がないのでホテルの近くまで戻って改めて別ルートで中綱湖、青木湖へ行った。
中綱湖は一面結氷して雪が積もっていた。池の周囲も雪が積もっていて近づけなかった。
青木湖は写生には適した場所が何か所かあった。
ただ、近くにトイレがなく民宿があってそこにいた人に聞いたら、今は春から秋までのシーズンにカヌーを経営しているひとに貸しているとのこと、その時期になれば民宿の施設内のトイレや湖岸に仮設トイレも設置するので、交渉してはどうかと教えてくれた。
ここを写生場所の候補に決めた。
中綱湖 青木湖
お昼の時間になったので、上田支部の下見の時に行ったイタリアンのお店に行ったら定休日で休みだった。
大町の中心街へ行って食べることにして、その途中で、大町温泉郷の近くを流れる鹿島川にかかる橋まで行った。
この景色も橋の上から確認し、今は渇水しているが5月になればもう少し水量が増えて絵になるかもしれないので、二日目の写生場所にすることにした。
鹿島川
ここから大町中心街に向かっている途中に、お蕎麦屋ののぼりが目についたので、そこで遅いお昼を食べることにした。
午後1時を過ぎていて、まだお客さんも数組入っていたが、おそばを注文すると、奥の調理場でそばを打っているのが見えた。
ちょうどそばの在庫が切れたところだったようだ。
だいぶ待たされたが、打ったばかりのおいしいおそばを食べることができた。
お昼の天ぷらそば
昼食の後帰路に就いたが、途中ちひろ美術館と大王わさび農園に立ち寄った。
今度の写生旅行では予備の写生場所になるが、今後の上田支部の写生旅行の参考にもしたかった。
大王わさび農園
中央公園の駐車場には4時45分に戻ってきた。
会の会計に請求するガソリン代は、車の平均燃費、走行距離が出ているのでそれで計算して請求することにした。
5時過ぎに家に帰ってきたあと、夕食まで30分ほど眠った。
夜はサッカーW杯最終予選日本対タイの試合を見た。
格下の相手なので最後まで安心してみていられた。
危ない場面やPKもあったが結果的には4-0と完封した。
残り3試合侮れない相手ばかりなので今日の勝ちを喜んでばかりはいられない。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック