FC2ブログ
2017年05月11日 (木) | Edit |
今朝は朝から晴天で畑をやるには絶好の陽気となった。
これからの予定と天候を考え合わすと、今日畑作業をしておかないと、支障が出てきそうなので、朝から畑に出ることにした。
畑に出ようとしたところでホクシンハウスから電話があった。
今年は家を建ててから15年目で、有料だが保守点検をしてくれるというので、お願いした。
往復はがきで点検の問合せが来ていたので、点検の依頼と合わせて太陽光パネルの鳥の巣対策について検討もお願いした。
その返事の電話で、太陽光パネルの設置を請け負う設備屋さんに屋根の状態を見に来てもらうことになった。
電話の内容では、太陽光パネルは密閉したりするとパネルの下が高温になって発電に支障が出てしまうらしい。
積雪時には、雪がパネルに積もってパネルごと落下する危険性もあるということで、風通しが悪くなる対策は駄目だということだった。
やるとしたら網状のもので塞ぐことらしいが、パネルには形状的にそういうものを取り付ける仕様になっていないので、簡単ではなさそうだ。
畑をやる前に、まず屋根の太陽光パネルの下の鳥の巣を取り除いた。
未完成の巣だが、今日一日何もしなかったら完成してしまうに違いない。
畑仕事はまず野菜苗や種を植えるエリアに、鶏糞や牛糞のたい肥と化成肥料を撒いたうえで、ミニ耕運機で耕した。
次に、トマト・ミニトマトを植える予定の場所に、雨除けのビニールハウスの組み立てをした。
もう何年もやっているので、組み立て方はすぐに思い出せるようになったが、強風の時にハウスが吹き飛ばされないよう支柱に杭を打って繋ぎとめる作業に手間取った。
組み立てが終わり最後に骨組みの上にビニールを掛ける作業をバアに手伝ってもらってやっているときに、出かけていた山ちゃん夫婦が戻ってきて、ビニールが風で飛ばされないよう抑えるのを手伝ってくれたので、これは手間取ることなく掛け終えることができた。
なぜかちょうど風が強くなり始めたところだったので、バアと二人だけでやっていたらもっと大変だったに違いない。
ここまでの作業でお昼の時間になってしまった。
昼食後は、キュウリのネットの組立からスタートした。
これはあまり風は影響ないので一人でやった。
この後は、先日カインズで買ってきた苗を植える場所を改めてミニ耕運機で耕し、元肥をいれた。
ハウスの下にはトマト、ミニトマト合わせて5本の苗、キュウリネットの下にはキュウリの苗3本、ほかの場所にナス3本、ピーマン2本、トウガラシ1本を植えた。
ほかに3畝を作って、種をまいた。ニンジン、カブ、ハツカダイコン、オクラの4種類だ。
ここまでやったところで水やりをし、苗の株元周辺には敷き藁をした。
ニンジンの畝だけは、藁を刻んで上にかけた。
藁も今年の菜園作業で使い切ってしまうだろうから、秋の稲刈りのころには入手する方法を見つけなくては・・・。
一通り苗植えと種まきを終えたところで、時間は5時前だった。
働いていれば終業時間だが、ここまででもうヘロヘロだった。もうとても現役の労働者にはなれないと痛感した。
最後に道具を片付け、疲れた体に鞭打ってタマネギの水やりをしたところで6時前になっていた。
草取りに次ぐ畑作業で、体の節々が痛い・・・。でも心地よい疲労感だ。
今日の畑
日本水彩東京展への作品を運搬してくれる業者の方から電話があった。
旅行に出かけることを覚えてくれていて、こちらから電話する前にかけてきてくれた。
17日に取りに来てくれることになった。もう額に入れたままで、手直しをするつもりはない。
入選、落選の結果が出る日は海外旅行中で、Wi-Fiの環境があれば知ることができるが、それが無理なら帰ってきてからになる。今日次女から母の日のプレゼントが届いた。
かわいい生の花(名前が分からない)と手作りの「おばあちゃんケーキ」だ。
これはバアの母親から受け継がれているケーキだ。
子どもたちが小さいときは、バアがよく作って食べさせていた。
送られてきたケーキは、あーちゃんやムー君も手伝ったと書き添えてあったから、きっと孫たちにも受け継がれていくのだろう。
孫たちだけで作ったケーキを食べられるころまで、生きていられるかな?
次女から送られてきた母の日プレゼント
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック