FC2ブログ
2017年06月09日 (金) | Edit |
昨夜はブログをアップした後就寝した。
まだ酔いが残っていたのかそれほど苦労せずに寝付くことができたようだが、明け方まで何度も咳き込んで目を覚ました。
喉の痛みは和らいでいるのだが、咳が出るようになった。
ホテルの部屋はかなり乾燥しているのだろう。
加湿器もついている部屋だったので電源を入れておいたのだが・・・。
我慢できなくてタオルを濡らして鼻と口を塞ぐようにしたらそのあとは7時まで眠れた。
チェックインの時7時半に朝食の予約をしておいたら、窓際の外がよく見えるテーブルをリザーブしてあった。
あいにくの曇り空だが、ゆったり外を眺めながら朝食を食べることができた。
次女と10時に上野駅の公園口で待ち合わせをしていたので、それに合わせて9時20分にチェックアウトして両国駅まで歩いた。
大江戸線の入口のほうが近いが、総武線、山手線を乗り継いだほうが早そうだ。
ネットで調べた時刻より1台前の電車に乗れたので、上野には20分前に着いた。
荷物をコインロッカーに預けて待ち合わせ場所で次女を待っていると、改札口とは違う方角から次女が近づいてきた。
早目に着いて周囲を一回りしていたようだ。
早速東京都美術館に行った。
最初の部屋に入口に五十音順に展示してある部屋の名簿が張り出されていて、ジイの絵が24室にあることが分かった。
上の階の展示室なので、混んでくる前に先にそこに行くことにした。
こちらはまだ空いていて自分の前で記念写真を撮ることもできた。
ジイの絵の前で
そのあとまた、振出しに戻って第1室から順番に見て歩いた。
初めのうちは受賞作品や会員の作品が並んでいるので見応えがあった。
一生かかってもこんな絵は描けないだろうな、と思いながら見て回った。
途中で上田支部の人たちともばったり会ったりした。
今回の東京展では、何度も入選を繰り返していた人も入選できなかった人もいて、上田支部としては、去年より大きく入選率を落としているという。
判断基準があるようでない芸術の世界だけに、ジイが入選したのはラッキーというしかないようだ。
一通り見て回ったら2時間が経っていた。
いつの間にかばったり会った上田支部の人たちともはぐれてしまったので、今年の図録を買って美術館を後にした。
お昼は大戸屋でも行って食べようか、と途中西郷隆盛の銅像を見た後、近道のビルに入ったら、和食の店があったので急遽そこでお昼を食べることに変更した。
西郷隆盛の銅像 昼食
久しぶりに次女と水いらずでおしゃべりをした。
いつもは3人の子どもたちと一緒だから、ゆっくり話もできない。
体調が良ければ、一緒に都内を歩き回るところだったが、今日はただ話に耳を傾けることぐらいしかできなかった。
午後2時に次女と別れたあと、新宿に行き喫茶店で時間をつぶした。
5時50分のバスに乗り、家に戻った。
途中埼玉県内を走っているときには雷雨にあった。
バスは20分近く遅れて到着したので、帰宅は9時半になってしまった。
家の近くの道路で、鹿とタヌキに遭遇した。都心と田舎を一日で体験してしまったが、都会は疲れるとつくづく思うようになってしまった。
家が一番ホッと落ち着く、咳も出なくなってきた。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック