FC2ブログ
2017年06月16日 (金) | Edit |
今日も朝から好天となった。
昨夜の天気予報で、今日は一日晴れるということだったので、久し振りに烏帽子岳に登山に行くことにした。
間もなく湯の丸高原のつつじ祭りが始まるので、レンゲツツジも見ごろになっているはずだ。
海外旅行から戻ってから、喉を痛めて咳き込むことが続いたが、昨日あたりからだいぶ良くなってきていたので、普段の体力が戻っているか試す機会にもなる。
そうはいっても昨夜も睡眠中一度だけ咳き込んで目を覚ましているので、多少不安もあった。
いつものように7時に起きて、いつものように朝食を取り、8時半過ぎに家を出た。
烏帽子岳登山淵のある地蔵峠には9時15分に到着した。
支度をし準備運動をして9時20分にスタートした。
キャンプ場を通り過ぎて湯の丸山が眼前に迫ってきた。ズミが満開になっていた。
この辺りまでは、お目当てのレンゲツツジも開花していたが、それから上の標高の高い場所はまだつぼみのところが多かった。
もう咲き終わっているかと思ったイワカガミが見られたのは嬉しかった。
湯の丸山 レンゲツツジ イワカカミ
ほとんど登りのない馬の背まで約1時間、涼しい風が吹いていて気持ちよく歩けた。
ここからは急な登りとなり、今シーズン初めての本格的な山登りで、バアは足がつるアクシデントに見舞われた。
何とか尾根に出てそこから山頂まで足の痛みに耐えながらバアも頑張って登り切った。
登山開始から2時間15分だった。
どこかの小学生たちが山頂を独占していた。
山頂
お昼ご飯を食べる場所を探して、何とかお昼を食べた。
12時に小学生が出発という声が聞こえてきたので、それより5分早く出発したが、尾根から下降する場所の近くで、小学生たちに追いつかれそうになったので、コマクサの群生する場所へ行くことにした。
往復で30分、その間に小学生たちは下山していったようで、追われるような圧迫感から解放されてゆっくり下山することができた。
中分岐まで下りてきたところで、レンゲツツジを見るためつつじ平に向かって左折した。
今までの下りから緩やかな登りに変わって、少し楽になりかけたバアの足がまたつりはじめてしまった。
つつじ平まで出ると、期待していたレンゲツツジはまだつぼみだった。
あずま屋で休んで、つったバアの足に湿布を張った。
この後はまだ多少痛みもあったようだが、何とか無事に車を止めてある駐車場まで歩いて戻ってくることができた。
駐車場近くでは牛がレンゲツツジの間で、草を食んでいた。
牛とレンゲツツジ
山歩きで歩数計は22,000歩を越えていた。
地蔵峠のドライブイン兼宿泊施設の花紋でソフトクリームを食べて火照った体を冷やしてから、家路に向かった。
午後3時前に無事家に戻った。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック