FC2ブログ
2017年07月13日 (木) | Edit |
雨の予報もあったが今日も一日晴れて暑くなった。
猛暑日といってもいいほどの暑さで、長野に移住してきて10年目になるが、これほど暑い日が続くのは初めてだ。
午前中、水彩画の50号の画用紙を張り付ける型枠を作る材料を買いにコメリに行った。
一昨日の上田支部で型枠を使い、画用紙を水張りして絵具を塗っても紙が歪まないようにしている人に、どういう材料を使って、どういう構造にしているのか見せてもらった。
その人は、画材屋さんに特注して作ってもらったらしい。
費用は紙代も含め1万円近くかかったという。
材料さえあれば自分でも作れそうだった。枠の材質は軽量でカットしやすい桐の集成材だ。
コメリにタテヨコ30ミリ長さ1800ミリの桐の集成材があったので買ってきた。
枠の木と木を繋ぐため、木工用のホッチキスのような形のタッカーを買った。
夕方涼しくなってからベニヤ板を50号の大きさにカットし、買ってきた集成材もカットして組み立てた。
夕食の後残りの作業をして完成させ、早速描きかけのしろかきの絵を型枠に張り付けた。
製作時間は約2時間だった。材料費と道具代込みで3分の1の費用で仕上げることができた。
型枠づくり タッカー タッカーで繋いだ材木
今日も日中暑苦しくなってエアコンをつけ涼んだ。
去年エアコンを新しいものに変えたときには、こんなにも頻繁に使うようになるとは思いもよらなかった。
髪が伸びてうっとうしくなってきたので、バアに切ってもらった。
さっぱりして、型枠づくりをする気になった。
夜ブログを書きながら報道ステーションのニュースを聞いていたら、上尾市の障がい者福祉サービス事業所の死亡事故が報じられた。
聞いたことのない法人名だったので調べたら、2014年に開所された新しい施設だった。
知り合いが関係している施設ではなさそうだが、通所してきた利用者を送迎用ワゴン車に置き去りにしてしまい熱中症で死亡したケースだという。
こういう痛ましい事故が繰り返されることに、悲しさを覚えずにはいられない。
大事な命を預かっているということが、日常性の中で薄れて取り返しのつかない事故になってしまう。
いくつかの偶然の連鎖とはいえ、人の弱さを痛感する。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック