FC2ブログ
2017年08月10日 (木) | Edit |
今朝は6時に目覚ましをセットしていたが、喉を痛めているバアが熟睡できないようで、6時前から起きて朝食の準備を始めた。
今日ジイは四国から七二会の古民家に来ているマイスターの家の修復の手伝いに行くことになっていたので、ジイも目覚まし前に起きた。
7時半に家を出て9時前に七二会に着くつもりだったが、途中上田市内で通勤か帰省帰りなのか普段では考えられない渋滞があって、上田菅平インターに入るのに手間取ってしまい、七二会には9時を少々過ぎてしまった。
3月には土蔵の2階の壁塗りを手伝ったにで、その続きをやるつもりだったが、その前に母屋の窓の取り付けをすることになった。
2か所のうち1か所は、すでに窓枠の取り付けが終わって、窓を嵌め込めばいい状態になっていた。
ただ窓が二重ガラスの重いサッシで、とても一人で嵌め込むのは危険な作業だ。
作業中に少しでもバランスを崩したら、サッシごと下まで転落しかねない。
二人で2枚のサッシを順番に嵌め込み、網戸も取り付けた。
すぐ隣にあるスペースにももう一組窓を取り付ける作業を、午前中に終了させる目標で始めたが、窓枠の柱が長年の経過で歪みが出ていて、柱の一部を削らないと、窓枠が取り付けられない。
歪みを修正するため電動の丸鋸や普通ののこぎりで切れ目を入れたあと、鑿と金づちで削り落とした。
とても午前中には終わらないと思ったが、意外と手間取らずに歪みを修正できた。
窓枠を取り付けるところまで、午前中でほぼ終わらせることができた。
お昼をご馳走になり、デザートのスイカをいただいてから、2か所目の窓の嵌め込み作業をした。
午前中仮留めした窓枠の微調整をした後ピタッと嵌め込んだ。
さすがマイスターの腕は確かだ。ジイは補助的な作業だったが、自分でやったら手直しで一日仕事になっただろう。
窓の取り付け① 窓の取り付け② 窓の取り付け③
とりあえず二人いないとできない力仕事を終え、本題の壁塗りに取り掛かった。
前回やってからまだ半年も経っていないのに、すっかり手順を忘れていた。
約1時間かけて畳2畳分の砂壁を二人で塗ったが、ジイは0からのスタートだった。
3時の休憩を取った後、4時前から次の2畳分を塗ったところで、練った土壁が終わった。
壁はあと1畳分やり残してしまった。
壁土
少し心残りだが5時前に作業終了、片付けをして5時半少し前に七二会を出発した。
今回も楽しい作業をさせてもらった。
今日の天気予報では午後3時以降全県的に降雨の予報だったが、七二会から上田インターを出て上田市内を走っている間、まったく雨が降った形跡はなかった。
旧丸子町に入ったら、道路が濡れていて直前に降った様子だった。
その先家に近づくにつれて雨が降ってきて、家の周辺は雨で道路もしっかり濡れていた。
7時に無事家に着いた。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック