FC2ブログ
2017年08月17日 (木) | Edit |
朝4時半に起きた。まだ外は明るくなってきたばかりだが、支度をしているうちによく見えるようになった。
5時前に宿を出て、あらかじめ調べておいた支流に向かった。
途中道を間違えたりして時間を食ったが、5時半には竿を出し始められた。
竿を出した第一投でいきなりいい型のヤマメがきた。
この辺りではアマゴが普通なのに、ヤマメは珍しい。
幸先良いスタートだったのにその後、渓相が浅いチャラ瀬に変わり、ポイントがなくなった。
流れが急で川通しはできず、一度川を上がったが、さらに先は川そばが背丈を越す藪となってしまった。
何度かヤブこきを試みたが、藪が深くて川までたどり着けなかった。
予定の時間が来て納竿した。
ナベさんが入ったところも川通しで釣り上ったようだが、リリースサイズが多かったようだ。
車で上流の様子を見たあと、7時15分に宿へ戻った。
朝食の後、8時半過ぎに宿を出て、朝食前の支流の上流に入渓した。
こちらは川通しもしやすい。ただ天気予報では雨模様だったが、晴れて暑くなってきた。
川の水も澄んでいた。ここでは2尾釣り上げて納竿した。
今日は、昨日とは別の水系に行くのが本命だ。
始めに川の様子を見ながら下流の町中まで戻り、昼食と氷を買ってまた川の上流域まで戻った。
川を眺めながらお昼を食べたあと釣り始めた。
小さな渓だがポイントはたくさんあり、当たりがよくあった。
半分はリリースサイズだが時折まずまずの型のものが混じる。
1時間半ほどで10尾を釣り上げた。中に2尾ほどイワナが混じった。
上流はヤブが多く木も茂っていて釣りにくいが、これだけの釣果があればそれも苦にならないだろう。
ナベさんは釣り下ったが、型が小さすぎるので中流域の様子を見に行った。
3時に合流して二日間の下見を兼ねた木曽釣行を納竿した。
日帰り温泉で汗を流した後、帰路に就いた。
来月の信州釣行は、今までの白馬、小谷方面から木曽方面に変更することにした。
6時過ぎ、自宅に近いコンビニでナベさんと別れて帰宅した。
外が明るいうちに釣り道具やウェーダーを洗って干した。
夜になって、あちこちに筋肉痛が出てきた。二日分のブログも書き残したまま就寝した。
水没したカメラはまだ電池を抜いて干している。
メモリーを別のカメラに入れて画像だけでも見ようとしたが、メモリーを開くことができなかった。
同じキャノンのカメラなので開けられるとも思ったのだが・・・。
水没による故障とは思いたくないが・・・。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック