FC2ブログ
2017年08月27日 (日) | Edit |
天気が良くなかったので一日延期した里山同好会の例会、5時に起きて準備した。
空は曇っていて、また天気予報が外れるのではないかと不安・・・。
7時に中央公園に集合なので、6時半に家を出た。
来月の上高地涸沢カール行きに備える訓練で、今回はバアも一緒に行った。
一日変更したので参加者が少なくなるのではないかと心配したが、全員で7人の参加となった。
7時に出発して、東部湯の丸インターから高速に乗り、信州中野インターで降りた後、有料道路を通って国道292号線を走って志賀高原に入った。
熊の湯温泉のある前山スキー場のリフト乗り場の駐車場に車を止めた。
高速を使ったので予定より早く8時25分に着いた。
硯川の公衆トイレで用を足し、8時35分に出発した。
リフトには乗らず、スキー場の迂回コースの斜面を登った。
ABMORIという標柱が立っている一角があった。
柱の一部の海老蔵の名前が書かれていて、誰かがすぐにピンと来て説明してくれた。
毎年市川海老蔵ファミリーが植樹しているところだった。
テレビのニュースで何度か植樹祭の様子は見ていたが、こんな場所だったのか・・・。
海老蔵の柱
その一角を過ぎたところにヨツバヒヨドリが群生していて、そこに数えきれないほどのアサギマダラが乱舞していた。
アサギマダラとヨツバヒヨドリ
前山湿原を通り、リフトで上がってきたコースと合流した後、渋池を経てしばらくなだらかな昇りの樹林帯を歩いた。
青空が見えているが強い日差しは受けず、木陰の涼しい風が吹く中を歩いた。
アカモノの花や赤い実、イワショウブやエゾリンドウの花のほか、タケシマランの赤い実も発見。
出発から約1時間、二つのコースに分かれる分岐に到着した。
渋池 アカモノの花 アカモノの実 イワショウブ エゾリンドウ タケシマランの赤い実
当初志賀山に登る左の登山道を行く予定だったが、植物観察には魅力的な四十八沼湿原から裏志賀山経由から志賀山に至る逆コースの右側のコースに変更した。
この湿原までは比較的緩やかな昇りだったので、ルンルン気分だったが、湿原を過ぎていよいよ登りにかかると、岩あり木の根ありの登りにくい登山道になった。
四十八沼湿原 きついアップダウンの登山道
足の届かないような段差のところもあり、苦労して登った。
股関節に痛みを持つバアのスピードが一気にダウンし、みんなにはついていけなくなったので、みんなには先に裏志賀山まで行ってもらうことにした。
裏志賀山まで行くと遅れが増すので、分岐点でジイとバアだけは裏志賀山を飛ばして、志賀山に向かった。
一度登り詰めたところはまた急な下りがあり、最後にまた急登して志賀山山頂に至る過酷なコースだった。
裏志賀山に行った仲間たちにその途中で追いつかれ、追い越されてようやく山頂に着いた。
ここで昼食を食べたあと、12時30分に山頂を出発し、下山を開始した。
こちらの下山コースも石や木の根が多く下るのに苦労して、だいぶ仲間から遅れたが、2か所ほどで降りてくるのを待ってもらったので、何とか追いついて最後は一緒に下山することができた。
途中クロウスゴの青い実とミヤマニガイチゴの赤い実がなっていて、それを口にした。
少し渋みのある大人の味がした。
クロウスゴ ミヤマニガイチゴ
最後に会長さんのお目当てだった国内ではごく限られたところにしかない希少種のハリガネカズラの白い実も見ることができた。
ハリガネカズラ
2時半に無事車を止めていた前山スキー場まで戻ってきた。
帰りは、来た経路を同じように戻って中央公園に4時に到着した。
登山時間は当初の見込みより倍の時間がかかってしまったが、帰着時間は1時間半も早くなった。
歩数計は15,000歩台で、それほどの歩数とはならなかったが、登山道が険しかったので、バアは少々自信喪失気味だ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック