FC2ブログ
2017年09月18日 (月) | Edit |
朝7時に目覚ましで起きるまでぐっすり眠った。
夜中に台風は通過していったようだが、風や雨の音で目が覚めることもなかった。
気象庁のアメダスの記録を見ると、風も雨もこの辺はほとんど普段の風雨と変わらない数値だった。
農作物などに被害が出ていなければいいのだが・・・。
我が家の西側の畑でセンブリを栽培している同じ組のTさん夫妻は、今日もセンブリの収穫にいそしんでいた。
数日前から収穫期に入ったようで、花が付いたセンブリを順々に収穫している。
もう何年もセンブリの栽培風景を見続けているが、手を掛けて育てている姿には、尊敬の念を禁じえない。
片手間でやっているジイの家庭菜園とは比べものにならない。
センブリ
朝から青空が次第に広がって、どんどん気温が上がって暑くなってきた。
台風一過秋風が吹くようになるだろうと、予測していたジイの読み違いだ。
午後買い物に出かけたが、車のオートエアコンの冷房が、外気温に合わせてガンガンに効いていた。
最初に巨峰を送るため、湯楽里(ゆらり)館の直売所に併設されているお店に行った。
今まで中央公園で開かれる巨峰王国祭りに行って注文していたが、混み合うしあいにくの台風と重なったため、湯楽里(ゆらり)館でも受付してもらえると聞いていたので、こちらに来てみたら、すでに種なしの巨峰は在庫がないとのことだった。
今年は5月の遅霜と、8月の天候不順が重なって収量が少ないとのことだった。
巨峰もタネがあるのとないのとでは、食感が大きく違うので買うのを諦めた。
絵の関係で、ブドウを栽培している人を何人か知らないわけではないが、こういう状況では頼みにくい。
近くのツルヤに行くと、巨峰や皮ごと食べられるシナノパープルやシャインマスカットを組み合わせたものを、箱に詰めて送ってくれるというので、東御市産かどうか分からないが信州産には間違いないのでお願いした。
帰りにコメリによって、一昨日ブログのコメントで教えてもらった「激落ちくん」を買ってきた。
スポンジ状のメラニンフォームのタイプのほかに、アルカリ電解水の「水の激落ちくん」というのもあったので、両方買ってきた。
前回試してみた霧吹きの水よりは、PH値の高いアルカリ性の水のほうが汚れを分解してくれるだろう。
絵の具にも油性の顔料が含まれるものがある。
激落ちくん
買物から帰った後、早速激落ちくんを使って、10号の「代搔き」の絵の手直しをした。
トラクターの位置を、50号と同じような位置に描き直してみた。
メラニンフォームは、今まで使っていた海綿より紙に優しいようで、少しこすっても紙の表面がざらつくことはなかった。
さらに水の激落ちくんを吹きかけ、ティッシュで水分を吸い取るとほとんど元の紙の色に戻った。
ドライヤーで乾かした後、描き直してみた。
構図的に前より安定したような気がする。
10号の絵 絵具を落としたところ 描き直した絵
陽が傾いてきて、浅間連山がくっきり見えた。
台風が大気の汚れを落としてくれたような、すっきりした景色だった。
ジイの絵もこういう透明感のある絵が描けるといいのだが・・・。
スッキリとした山並み
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック