FC2ブログ
2017年10月06日 (金) | Edit |
今朝はいつもより30分早く起きて、上田支部展の搬入、設営の準備に備えた。
空はどんよりした曇り空で、午後からは雨の予報だ。
最近の気象予報は、変わりやすい秋の天候にもかかわらず、予報が当たる確率が上がったように思う。
これも気象衛星のおかげか?
8時に家を出て会場の上田創造館に8時40分に着いた。
途中新しい道を行ってみたら、踏切で渋滞する個所を回避できることが分かった。
創造館に着くとTさんが作品を運ぶところだったので、代わりに運んだ。
数年前にこの支部展で作品を階段で運んでいるときに足を痛め、もともと不自由だった足を悪化させてしまった因縁の場所だ。
自分の作品も車に積んで行ったので、それも運んだ後、画材屋さんに依頼して運ばれてきた額縁などを、2階の会場に運び入れた。
一般の応募者の受付の係になっていたが、それは他の人に任せて、一応支部では若手の部類に入るので、運び屋に専念した。
10時前にはほぼ会場内に作品を運び入れ、パネルや壁に展示する作業をした。
そのあと10時半から審査員の審査が始まり、休憩室で審査の結果を待った。
今年は、支部員の出品数が、2点から1点に減ったので作業は半減し、時間が余る感じだった。
一般の応募者も11点と少なかったので、全体でも50点を割った。
少し寂しい展示会となった。
上田創造館 支部展ポスター 支部展会場
去年は、ジイが最高賞の支部奨励賞を受賞したが、今回は同じ写生旅行係のOさんが受賞した。
いつもジイには足元にも及ばないいい絵を描く人だが、今回も見る人を唸らせる作品を出してきた。
日本水彩の会員や会友の絵よりいいような気がする。
支部展の最中の受付当番を一緒にやることになったので、じっくり話をしたい。
12時半には用意されたお昼を食べて、解散となった。
写真係のジイは、奨励賞のOさんの絵を撮った。
これは後日日本水彩の本部へ送られることになっている。
支部奨励賞の作品
1時半に家に帰ってきた。そのころには、雨が降り出し、夕方からは本降りになった。
午後2時に気温は11,5℃と、日中も気温が上がらなかった。
午後2時の気温
予定より早く帰宅できたので、箪笥の引き出しを冬服に衣替えをし、コタツの準備もした。
これから一気に冬モードに変わってしまうのか?
今日ノーベル平和賞の発表があった。
受賞対象は、核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)だ。
今までノーベル平和賞だけは、あまりにも政治的で評価できなかったが、今回だけは素直に喜ぼう。
NHKのBSで9時から、国連の核兵器禁止条約の採択に際して、被爆者として発言してきたカナダ在住のサーロー節子さんの密着取材が再放送されていたので、それを見た。
長年、被爆者として核廃絶を訴えてきたその言葉の重さに涙を誘われた。
安倍首相や小池さんの軽い言葉とは比較にならない。
サーロー節子さんのような生きざまが報われる日が近いことを願わずにはいられない。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック