FC2ブログ
2017年11月17日 (金) | Edit |
昨夜は冷え込みそうだったので、暖房をつけて寝た。おかげで朝まで暖かく眠ることができた。
外の水が氷るほど冷えたが、マイナス3℃で今シーズンの最低とまではいかなかった。
午前中大豆を刈り取るコンバインがやってきて南や西の畑の大豆をあっという間に刈り取っていった。
去年から植えられていた小麦を刈り取った後大豆が蒔かれていた。
夏の間青々していた大豆も実をつけて、茶色く枯れていた。
霜が降りるようになって急いで収穫した感じだ。刈り終わった後の畑は少し寂しそうに見えた。
今年はこの後何も植えられないのだろうか?
西の畑 南の畑
秋の庭を飾っていた菊の花の色が褪せてきたので、バアが刈り取り始めたので手伝った。
これで我が家の庭も色モノがなくなり、間もなく雑草も枯れればモノトーンになる。
これからの季節色を添えるには白い雪だけだ。その雪が明日の天気予報では、明け方に降る予報になっている。
昨日は夕方写真を撮ったのでよく見えなかったが、今日は浅間山の雪がよく見えた。
風向きのせいか噴煙も上がっているのが分かる。
浅間山の雪と噴煙
午後から、文化フェスティバルの準備のために中央公民館に出かけた。
午後2時に集合するように関係者には知らせてあるが、生涯学習課の職員との打ち合わせもあるので、1時15分に公民館に行った。職員たちは忙しそうに準備をしていた。
中央公民館の2階のロビーのほとんどのスペースを使って絵画部会の展示が行われる。
パネルや支柱はあらかじめ申請しておいた数量が用意されていた。
1時半ごろには続々東御美術会の仲間が集まってきた。
2時から設営を開始しようと思っていたが、みなすぐに始めたそうだったので、始めることにした。
集合時間の2時ごろにはほぼパネルの設営は終了してしまった。
パネルへの飾り付けは、画題の名札に描き込みなどは、絵画部会に所属している6グループが自主的にやってもらうので、ジイの主要な役割はここでほぼ完了した。
あとは飾り付け用のフックや画題の名札や両面テープなど消耗品の世話を焼くだけだった。
東御美術会や彩明会の人たちには2時半前にすべてやってもらうことは終わったので引き上げてもらった。
ほかのグループの人たちは、飾り付けは3時からと指示しているところもあったので、すべて飾り付けが終わったのは3時半になってしまったが・・・。
思ったより早く無事滞りなく終わってホッとした。
あとは、19日の閉会後の片づけ、搬出が無事終われば、絵画部会長としての責任はほぼ完了し、来年4月に引き継ぎをして次の人にバトンタッチだ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック