FC2ブログ
2017年12月12日 (火) | Edit |
朝のうちまだ冷え込みは厳しくなかった。
可燃ごみを出しにステーションまでバッチリ着込んでいったが、それほど寒くなく拍子抜けしてしまった。
ただ、日中は風が冷たくて気温が上がらず、5℃にも達しなかった。
立科測候所の最高気温は3.1℃になっていた。
上空は良く晴れて青空だったが、浅間山には雪雲がかかって山頂から下のほうまで雪が降っている様子だった。
夕方になって雲が取れると、尾根まで雪で白くなっていた。
浅間山
午前中、北御牧郵便局に行って、年賀状を買ってきた。
インクジェット用の年賀はがきは6種類も用意されていて、選ぶのに迷うほどだった。
年賀はがきは、はがきの郵送料が上がっているのに、今月15日から1月7日までに投函すれば従来の52円でいいらしい。
今月25日までに投函すれば、元旦配達されるそうだ。
ネット社会の進化で郵便離れが進んでいるのか郵便局も必死なようだ。
まだ慌てて年賀状の準備をしなくてもよさそうだ。
来年の2月の彩明会の会員展は、前年と同様一人4点出品することが決まった。
そのうちの1点は、みな20号の絵を出すつもりのようなので、ジイも同じように20号を1点出すことにした。
ただ、今年は50号の絵を描くことが多かったので、20号の絵は1枚も描いていない。
手持ちに未発表の20号の絵がない。
まだ、会員展までには時間があるので焦る必要はないが、年内には着手したいと思っている。
今日は、そのために大きなロール紙から、20号の画用紙を切り出した。
20号のサイズの長辺727ミリの幅でカットすると、20号が2枚取れる。
最近始めた画用紙の水張用の画板も併せて作った。
ベニヤ板があったので、電動ノコで20号サイズより一回り大きいサイズにカットした。
そのベニヤ板に20号の紙を水張した。
準備はできたのであとは何を描くかが問題だ。
20号の紙の水張
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック