FC2ブログ
2018年01月06日 (土) | Edit |
今年一番の冷え込みで、最低気温がマイナス14℃になっていた。
朝日がまだ当たらない玄関先の温度計は、午前7時過ぎで最低気温と1℃しか変わらないマイナス13℃のままだった。
あたり一面霜で白くなっていた。
温度計
9時過ぎに郵便物を出すため蟹原の郵便ポストまで歩いて出しに行った。
がっちり防寒対策をして出かけたが、顔が寒い以外風がなかったせいか意外と寒く感じなかった。
投函した後、引き返さないで足を延ばして30分ほどウォーキングをしながら家に戻った。
午前中ジイ小屋で昨日の続きで会員展出品予定作品の手直しをした。
水彩画
昼食の後、バアと誘ってウォーキングに行くことにした。
家の周辺は午前中行ってしまったので、立科町のツルヤまで車で行き、駐車場に車を止め、旧中山道の宿場町だった芦田宿を歩いた。
町役場の近くの本陣跡周辺の一部に、その名残をとどめる建物も残っているが、すでに街並みとしては昔の面影は全然なかった。
ただ、家並みの裏側の道路を歩くと、浅間山の山並みがよく見えた。
昔の中山道を歩く旅人もこの景色を眺めていたに違いない。
手前の家や道路はなかっただろうが・・・。
本陣 芦田宿の通り 芦田宿から見える浅間山
1時間半ほど歩いてツルヤに戻り買物をして家に戻った。
久し振りに午前と午後合わせて2時間ほど歩いたので、足腰が疲れて固くなった。
正月太りで重たくなっている体を動かすのは容易ではない・・・。
野球の星野仙一の訃報がニュースになった。
かつて上尾市の市制25周年記念事業の一つでNHKの少年野球教室に川上哲治と一緒に来ていた星野仙一を、イベント終了後市民体育館で接待したことがあった。
その時の印象があまりよくなくて、それ以来好きではない野球人だった。
学年は一つ上になるが、同じ70歳で死んでしまうとその早すぎる死に哀悼の意を表せざるを得ない。
昨年暮れにも中学高校時代の同級生がなくなったことがメールで知らされてきた。
70歳といえば古希と言われ、昔は長生きの部類だったのだろうが、今や若すぎる死と思われる。
でもいつまで生きられるか高齢者にとっては、一つの節目であることは間違いない。
どんな生き方をしてきたかはもう取り戻しようがないが、これからどう生きるかは、しっかり考えなければと思う・・・。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック