FC2ブログ
2018年01月13日 (土) | Edit |
いつもより15分早く起きた。今日は彩明会の新年最初の例会で、1年の事業計画などを話し合う総会もある。
朝起きるといつもより室温が低い。
昨日東京から戻った後、ずっと暖房を点けていたが、それでも16℃までしか上がらなかった。
外の温度計の最低気温がマイナス15℃だった。
7時過ぎの温度もまだマイナス13℃だ。
2台のエアコンで床下空間を温めても追いつかないわけだ。
温度計
8時過ぎに家を出てFさんの家経由で、例会の会場の祢津公民館に行った。
8時半を過ぎたところだが、早くも半数の人が来て、机や椅子を並べたり暖房を点けたりして準備してくれていた。
色々皆さんが食べるものを持ち寄ってきてくれたので、テーブルの上が賑やかだった。
総会の会議は1時間で終了し、ほぼジイが提案した内容で承認された。
総会の後は、来月の会員展に向けた作品研究会を行った。
会員展には各自4点を出品することになっているが、多い人は8点持参して、顧問の先生の指導を受けていた。
ジイは5点を用意し、そのうちの1点は出品するつもりはなかったのだが、先生の評価ではその1点のほうを出品するよう勧められた。
唐沢の滝を描いた絵は、何か所か指摘を受けたので、家に帰ってから忘れないうちにその部分は修正した。
これから50号を描いていくうえで参考になった。
作品研究会 唐沢の滝
作品研究会は、3人が今回持参しなかったので、11時半前に終わった。
早目に終わったので、12時に配達予定のお弁当を、手配した会計のAさんがお店まで受け取りに行ってくれたので、12時前からいただくことになった。
お正月らしい豪勢なお寿司のお弁当だった。
ジイの作った甘露煮もみんなに食べてもらった。渓流釣りの自慢話も添えて・・・。
お昼の寿司弁当
みな絵を描く道具も持参していたが、時間が中途半端なので、今日は解散しようということになった。
12時半に解散し家に戻ったら午後1時ちょうどだった。
車を降りて荷物を降ろそうとして、今日の作品研究会で先生に見てもらった絵を一式公民館に忘れてきたのに気が付いた。
今日の公民館は貸し切り状態で、事務の人もおらず無人なので電話して保管しておいてもらうわけにもいかず、トンボ帰りでもう一度祢津公民館まで引き返した。
せっかく早く戻って絵の手直しをしようと思ったのに、こんな失敗をよく起こすようになった。
結局1時間近く時間をロスしてしまった。
二日ほど留守にしている間に浅間連山がすっかり、雪山になっていた。
上空の雲の陰でときおり暗くなるが、ちょうど切れ間から白くなった浅間山を写真に収めた。
左隣の黒斑岳も真っ白なはずだが、雲の陰でグレーになっていた。
夜になってまたぐっと冷え込んできた。この寒波は明日も続きそうだ。
真っ白になった浅間山
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック