FC2ブログ
2018年01月26日 (金) | Edit |
昨夜は11時過ぎには眠りに落ちたが、寝苦しくて何度も目が覚めた。
床が変わると熟睡できない、ということを肌で感じた。
今度のホテルも加湿器が付いていて乾燥からは守られていたはずだが、喉が渇いて何度も目が覚めた。
一泊だからいいがこういう環境が何日も続いたら病気になってしまうだろう。
ホテルの朝食はついていなかったので、近くのコンビニまで朝食を買いに行き、ホテルの室内で食べた。
長女が10時前にホテルまで迎えに来てくれた。
今回の東京行きに合わせて、昨日と今日の二日間仕事の休みを取ってくれていた。
今日一日を過ごす計画を三通り考えてくれていたが、そのうちの一つ「大使館巡り」をすることにした。
国内にある世界中の各国の大使館、公館を見学したり、見学を受け付けないところは外観だけでも写真に収めて歩くのを長女が趣味として始めたらしい。
すでに50か国以上巡り歩いたという。
また港区で大使館巡りのスタンプラリーをやっているので、そのラリーにも参加しているそうだ。
今日は港区の虎ノ門にある大使館のうち、台湾文化センター、ここは政治外交上大使館を置くわけにはいかないので、文化センターという名目になっているそうだが、ここを手始めに、レソト王国、ブラジルの三か所見学するコースを考えてくれていた。
渋谷から地下鉄銀座線で虎ノ門まで行き、そこから徒歩で5分の所にあるオフィスビルの2階にある台湾観光センターに行った。
ここは中に入ることができ、台湾の工芸品など陳列しているものも見ることができた。
台湾文化センター
次は、歩いて30分かかるレソト王国という南アフリカ共和国の中にある九州の3分の2ほどの面積しかない国の大使館に向かった。
途中アメリカ大使館の脇を通ったら、機動隊が周辺を物々しく警備していて、信号を渡ったら警官に呼び止められ誰何(すいか)されてしまった。
アメリカ大使館
アメリカ大使館を横目に坂を上った先にTBSの放送センター赤坂サカスがあった。
赤坂サカス
そこからしばらく歩いた後細い路地に入っていくと、目的のレソトではなく、カンボジア大使館に行き着いてしまった。
路地を一本間違えたらしく戻っていき直した小さなビルの一角にレソト大使館があった。
小国の大使館は貸しビルの一角にあることが多く、見つけるポイントは敷地のどこかにその国の国旗が掲げられているので、掲揚されている国旗を見つけるのがコツと長女は言っていた。
ここも入場見学できるというので中に入ると、日本人の男性ガイドがいて10分ほどレソトという国の概要を説明してくれた。
一番低いところにある首都も標高1,500メートルあり、3,000メートル級の山もある高原地帯で、日本のように四季があるそうだ。
多分生きているうちに行くことはないだろうが、ぜひ観光してみてくださいと勧められた。
レソトのあとは、青山通り沿いにあるブラジル大使館に向かった。
これもさらに30分ほど歩かなければならない距離だが、途中青山通りに出てすぐのところにあるカナダ大使館の国旗と入口を長女が写真に撮っていた。
カナダ大使館は民間の警備員ような人が入口を警備していて入館は受け付けてなさそうだった。
青山通りを歩き名がウィンドウショッピングをして楽しんでいたが、途中工芸会館と印伝のお店に立ち寄った。
印伝のお店では、ちょうどバアが今使っている印伝の財布が傷み始めていたので、新しい財布を買うことになった。
今使っている印伝の財布は、長女が結婚する前の記念にバアと二人で河口湖観光に出かけた時に買ったらしいからそれからもう20年以上も経っている。
今度買った財布は、バアが生きている間使い続けられる計算になる?
印伝屋 印伝の財布
青山三丁目から近いところにあるブラジル大使館の所在を示す地図の見方を2回も見間違えて道に迷い、到着したときには12時半を過ぎてしまった。
ブラジル大使館の隣は、日本基督教団原宿教会だった。
ブラジル大使館 原宿教会

大使館巡りを終えて、お昼は青山通りで探したが見つからず、外苑通りにある定番の大戸屋で食べた。
食べ終わってお店を出るときには2時半近くになっていた。
渋谷まで銀座線外苑前から渋谷に戻り、地下鉄の改札を出た先が東急デパートだったので、そこの6階のカフェでケーキとコーヒーのセットを注文した。
ケーキとコーヒー
ここで4時前まで過ごし、ホテルに預けておいた手荷物を受け取って池袋まで山手線で行った。
ホテルの前に止まっていた池袋行きの都バスに乗ろうとしたら運転手が親切に池袋まで最低45分はかかります、と教えてくれたのでバスで行くのはやめた。
渋谷から池袋までバスの車窓からの眺めを楽しめるのもいいが、渋滞にでも捕まったら高速バスに乗り遅れる心配がある。
池袋まで長女と一緒に行き、そこで長女と別れた。
バスに乗って歩数計を見たら16,000歩台になっていた。ずいぶんと歩いたものだ。
池袋5時10分発のバスに乗って家路に向かった。
都内の道路が込んでいて佐久インターまでの到着が遅れ、家に帰りついたのは9時前だった。
外はマイナス10℃まで冷え込んでいた。
家の中も二日間留守にしていたので、12℃まで下がっていた。
すぐに暖房を点けたが一向に暖かくなって来ない。
今夜は久しぶりに寒い部屋で寝ることになりそうだ。
(帰りのバスの中でブログを書いていたら時間がたっぷりあったので長い文章になってしまった・・・)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック