FC2ブログ
2018年02月26日 (月) | Edit |
22日に始まったバアの腰痛、足の痛みについて、バアがブログに書くことを嫌がっている。
ブログは不特定多数の人に読まれることになる(もちろんパスワード設定して読者を限定することもできるが・・・)ので、普段の生活をさらけ出すのは嫌なのだろう。
ただ、もともとこのブログは、ジイが思いつくままに毎日の暮らしぶりを、遠くにいる娘たち家族に知らせることを主目的に書いているものだ。
不特定多数の人に自分の意見や主張を訴えるものでもないし、暮らしぶりを露出して関心を集めようとするものでもない。
そういう動機だったら10年以上も毎日書き続けてこられなかった。
この間のバアの状況を書いたことで娘たちからも心配の電話やメールをもらった。
長女は現役の看護師だし次女も看護師資格をもっているので、いろいろアドバイスもしてくれる。
そんなわけでブログを通して家族の結びつきも確認できる、ということでバアには叱られてしまうが今日一日の出来事もまた書くことにした。
佐久総合病院のホームページで調べたら、診療受付が7時半から始まると書いてあったので、その時間に間に合うよう5時半に目覚ましをセットした。
4時前に目が覚めてしまい、寝付けないのでそのまま起きてしまった。
相変わらずバアは、リビングで起きていた。
6時40分に家を出て病院に向かった。
国道は通勤の車が多く走っていて計算していた時間より余計かかってしまったが、7時半前に着いた。
長野に移住してきた当初は、佐久総合病院で受診することがほとんどだったので中の様子は知り尽くしていたはずだが、ここ5年程転院を勧められていけなくなっていた。
その間に先端医療部門の病棟が別の場所に建設されてメインがそちらに移ったので、様子が変わっていた。
総合診療科ができて、初診の場合はそこで問診や検査、治療をし、その後病状によって診療科を振り分ける機能を持たせるようになっていた。
総合診療科 CT検査室入口
駐車場から院内まで歩いていけないので、入口に車を止めて車椅子で初診受付に行った。
そこで状況を説明し、バアも初めに総合診療科の窓口に案内された。
8時15分から受付が始まり、8時45分には診察室に呼ばれていった。
ここまでは早かったが、そこからが長い時間かかった。
足の痛みとむくみの原因を調べるため、胸部レントゲンで心臓の状態を、血液検査で甲状腺の異常などを調べた。
さらにエコーで足や腰に血栓がないかを見たようだ。
最後にCTで腎臓の状態や血管の状態を撮って調べてもらった。
いずれも内科的なものや循環器的なものからくる痛みやむくみの原因を調べるものだったが、どの検査からもその原因は見つからなかった。
ここまでの検査とその結果が出るまでにお昼前までかかってしまった。
消去法で原因を特定しようとしたが結論としては原因がわからず、可能性の一つとして痛み止めに飲んでいるロキソニンが、症例として痛みやむくみの副作用があることから、とりあえずロキソニンの服用をやめて、鎮痛効果のあるアセトアミノフェン錠に変えて様子を見ることになった。
それで症状が治まらない場合は、また丸子中央病院の整形外科で、今日の検査結果を紹介状に添付するので再診するようにとのことだった。
佐久総合の整形外科では、丸子中央病院の紹介状がないと受診できないルールということだった。
医療費抑制のためのルールなのだろうが患者本位とは思われない・・・。
丸子中央病院の予約までとってくれたので逆らうわけにもいかない・・・。
結局病院を出たのは午後2時過ぎだった。
途中ツルヤに寄って遅い昼食用の食べ物を買って家に着いたら3時半になっていた。
夕方ミッチャンも心配して夕食のおかずを持参してきてくれた。
とりあえず痛みの原因がわからないので鎮痛薬を飲むしかないが、血栓など重篤な状況に至る危険性だけは少なそうなので、それだけでも長時間になったが検査してもらってよかった。
夜になって、少し安心したのかバアが椅子に座ったままだが4時間ほど眠っている・・・。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック