FC2ブログ
2018年03月07日 (水) | Edit |
今朝の最低気温はマイナス4℃だった。もうマイナス10℃以下まで冷えることがなければいいのだが・・・。
朝は曇っていたが日が昇るにつれて晴れ間が広がり、陽射しも出てきた。
昨日は冷たい風に開花をせずに終わったフクジュソウが今日はいくつも開いていた。
浅間連山は春霞で霞んで見えた。
凍らなくなったため池には水鳥が飛んできて泳いでいた。
開花したフクジュソウ 霞んだ浅間山
午前中バアから電話があって、病室が確保できなかったので、手術まで今日一時退院することになったことが分かった。
再入院するまでの間、家の中で転んだりしないよう、また少しでも眠れるようにリビングなどのレイアウトを変えることにした。
玄関ホールの置いてあるウォーキングマシンを片付け、洗面台や浴室へのアプローチしやすくした。
リビングに置いてあるこたつの周りに敷いてあるトルコで買ったじゅうたんを片付けて、歩行器代わりに使っているキャスター付きの椅子につかまって移動しやすいようにした。
さらに2階にあった簡易ベッドを寝室のベッドの脇まで運んだ。
一人で移動するのはちょっと大変だったが、何とか移動できた。
このベッドは、介護用ベッドのように電動で背もたれと足の高さが調整できる機能が付いている。
これなら背筋と足を伸ばすことができないバアには、都合がいい。
検査入院する前にこのベッドを使うことも考えなかったわけではないが・・・。
このベッドで寝ている間、退屈しのぎにテレビが見られるよう2階にあったテレビも移動した。
12時半に迎えに来るよう連絡があったので、早めのお昼を食べて医療センターに出かけた。
ピッタリ12時半に病室に行くと、もうバアはすっかり退院の支度ができていた。
再度入院するのは、今度の日曜日の午後で手術が月曜日となった。それまでは自宅で待機だ。
会計を済ませ病院を出たのは1時半、家には2時に帰ってきた。
家の中のレイアウトが変わっていてバアは驚いていたが、ベッドをセットしておいたのは正解だった。
バアからも喜ばれた。
明日また午後2時45分に病院に行くようになっている。
そこで医師から手術の説明や、術前のリハビリ、コルセットの採型などが行われる。
最初の診断で言われた手術になるのか別の方法になるのかしっかり聞かなければならないが、昨日今日の医師の検査の際の話では、かなり重篤な状況のようだ。
今日で発症から2週間経った。日常生活動作も低下したバアの介護や病院通いで、今まで当たり前のようにやってきた水彩画も、一度も筆を握っていない。
解禁した渓流釣りにも行けないでいる。
ジイのこうした趣味も、つくづく家族の健康があってこそできるものだと痛感した。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック