FC2ブログ
2018年03月11日 (日) | Edit |
今朝はまたマイナス8℃まで下がった。まだまだ夜中の暖房は必要だ。
明け方から何度も目が覚めた。バアの眠りも浅いようで、同じように何度も目を覚ましていた。
朝食の準備をしたり、洗濯物を干したり、主婦業も板についてきた感じだが、今日からしばらくバアも入院となるので、自分だけのための家事となると手を抜くようになるのではないか、と感じている。
午前中、県展の画題札のカットをした。昨夜のうちに印刷しておいたものだ。
事前に出品作の画題が決まっている各支部の会員・会友・支部員の者の目録と画題札の入力は、時間の合間を見てやっておいた。一般応募の作品は、開会日の前日の20日に会場の上田創造館に持ち込まれるので、受付と同時に目録への追加と画題札の作成をジイがやることになっている。
短時間で仕上げなければならないので、手早く作業しなければならない。
画題札は、4点の作品をA4サイズで入力し、印刷したあと4分の1にカットする。
今日は、どうやったら手早くカットできるか、ベニヤ板に抑えを張り付けて、2等分にする線を入れて試しにカットしたら、25枚分の用紙を20分ほどで切り終えた。
これなら20日も慌てずにできそうだ。
上をカットする板
少し早めのお昼を食べたあと、佐久医療センターに向かった。
日曜日で外来診療がないので、駐車場も空いていた。
病室は、個室を要望していたが、要望通り個室に入ることができた。
トイレや洗面台もついているし、何より本人も付き添うジイも他人に気兼ねすることなく話ができる。
テレビもイヤホンなしで見ることができる。
入室してしばらく看護師から入院中のことについて多方面にわたり丁寧な説明があった。
部屋のトイレもバアが自力で使ってみて、看護師の手を借りなくても大丈夫だった。
手術後しばらくはそうもいかないだろうが・・・。
病棟の最上階にレストランがあるというので見学をしてきた。
明日は次女が午前中に見舞いに来るようなので、お昼はここのレストランで食べてもいい感じのところだった。
4時まで病室にいてから家に帰った。
入院時から娘たちともLINEでやり取りをした。
こういう時に知りたい情報を共有したり、それぞれの思いの一端が読み取れて、それなりに便利なツールだと思った。
家に帰って一人になると、手持ち無沙汰でやることもなく、早めにブログをアップした。
今夜は早く寝ることにしよう・・・。
今日は東日本大震災から7年の日、ニュースは特番だらけだ。
忘れてはいけない日に、皮肉にもバアの入院が重なってしまった。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック