FC2ブログ
2018年03月26日 (月) | Edit |
今朝は7時までぐっすり眠った。今日はバアの転院があるので、朝からその準備をした。
車も汚れていたので、2台洗車した。
ため池の土手で早咲きのスイセンが開花していた。
我が家の庭や畑のスイセンよりいつも早く咲く。
我が家のデッキでは、チビが気持ちよさそうにくつろいでいた。
早咲きのスイセン 今日のチビ
そろそろ出かけようかと思っていたら、次女からのLINEで予定していた新幹線に乗れなかったと言ってきた。
年度末で大宮駅周辺の道路工事があちこちでやっていて、渋滞にはまって時間に間に合わなかったらしい。
次の電車は1時間半近くあとになる、とのことだった。
北陸新幹線になってから、金沢行きの本数は増えたが、通過してしまう途中駅は、本数が減ってしまった。
次女と合流してから医療センターに行くつもりだったが、ジイだけで先に行き、医療センターの病室で最後の昼食をバアと一緒に食べた。
ささやかなお祝いにお寿司を持って行った。病院食を脇に置いてバアも半分食べた。
食事の後バアは外出着に着替えた。12時半前に佐久平に着いた次女が病院までタクシーでやってきた。
退院のため玄関の外来用車いすを使うため、玄関まで行ったところで次女と合流した。
午後1時半に医療センターを出て、本院に向かった。2週間世話になった病室にお礼を言って部屋を出た。
お世話になった病室
午後2時に本院に到着し、入院病棟である北病棟に行った。
本院は古い病棟を取り壊している最中だが、その脇に新しく建て替えられた病棟が建っているがその病棟が今回入院した病棟だ。
医療センターも新しいがこの病棟はさらに新しい感じだ。
こちらでも個室を希望していたが4人部屋だった。
看護師からの入院中の生活全般について説明があった。
午後3時から早速こちらのPTさんによるリハビリがあった。
午前中医療センターでもリハビリをやっているし、車での移動などもあって疲れているかと思ったが、なんのその驚くほど元気にやっていた。
歩行訓練では、はじめは杖を使って歩いていたが、最後は杖なしで通路10mを2往復していた。
杖を使って10mをどのくらいの時間で歩けるか計ったら、2回とも13秒で歩いた。
これなら家に戻ってからのADL(日常生活動作)の訓練にしぼってリハビリすれば、早ければ今月中には退院できるのではないか、と思えた。
手術の日に来て以来の次女は、術後HCUでうなっていたバアと今日のバアとの大きな変化に驚いていた。
新しい病棟で早速リハビリ
夕食を見届けてから帰るつもりだったが、食事は毎回病室前の広場兼食堂のようなところで、ほかの患者さんと一緒に食べることになっている、というので見届けるわけにもいかず4時半に病室を出た。
次女が乗って帰る新幹線の時刻に合わせ、まだ時間があったので、病棟の1階にあるレストランでコーヒーとケーキを次女と食べた。
引っ越しの荷物の片付けやあーちゃんやムー君の進学問題など日ごろゆっくり聞けない話も聞かせてもらった。
話を聞きながら、次女が孫たちの年齢の時のことを思い返して、親は子供を育てながら、親も成長していくのだな、と思った。
こちらはもう退化する一方になってしまったが・・・。
佐久平駅まで次女を送った後、無事家に戻った。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック