FC2ブログ
2018年04月01日 (日) | Edit |
午前中畑仕事をした。10時ごろの畑は気温が上がって、冬の服装では暑すぎた。
作業をしている間汗が噴き出して、冬用の下着は汗で濡れていた。
浅間山が春霞で霞んで見えた。
畑の淵に植えてあるスイセンの第1号が開花していた。明日以降列をなして開花していくに違いない。
春霞 スイセンが咲いた
始めにタマネギの追肥をした。先月にも肥料が入った培養土で霜柱で浮いていた根を抑えたが、このところの晴天続きで土が乾いているので、水やりを兼ねて液肥を使って追肥した。
今季は、2種類のタマネギの苗を植えているが、7割ほど冬越しができてこのところしっかり葉が太くなってきている。
あとはここ数年大玉にならないので、今年こそ大きな玉の身になって欲しいと願っている。
追肥したタマネギ
追肥をした後、イチジクに巻いてあった防寒用の藁を取り除いた。
庭のキンモクセイ、ギンモクセイの藁も取ってやった。
藁はまた夏野菜の根元に敷くので、一時的に藁を貯蔵する小屋に積み込もうと思ったら、小屋の片隅にミーちゃんがいた。
最近猫も繁殖の季節になって、凶暴なクロシロが徘徊するようになり、居場所を失って隠れている感じだった。
藁を積み込むところにいたので邪魔になったが、かわいそうなので藁を別のところに積み込んだ。
藁を取ったキンモクセイ 隠れるように小屋の隅にいたミーちゃん
畑仕事をしていたらお昼に近くになってしまったので、簡単なお昼を食べたあと、上八重原公民館の掃除に出かけた。
1,2年に1回順番で回ってくる掃除当番だ。
1時間ほど近所の人たちと掃除したあと、公民館の鍵を区長さんの家に戻し、次の組の人に引継ぎのノートを届けて家に戻った。
留守の間に市の広報などの配布物がポストに入れられていた。
綾瀬の義姉から送られてきた土佐文旦の皮をむいて食べやすいように実だけタッパに入れて、病院に出かけた。
今日の午前と午後のリハビリを終わらせていたバアは、早く退院して家に戻りたい、という顔をしていた。
この辺も数日の初夏を思わせるような暖かさで、早咲きのサクラも咲き始めている。
我が家のサクラもだいぶつぼみが膨らんできた。
サクラが咲く前に退院できればいいね、と励ましていたのになかなか帰れないので気落ちしているようだ。
ジイも回復の状態を見て、3月中に退院できるものと思っていたので少々残念だ。
4時半まで病院にいたあと家に帰った。暗くなる前に、配布物を配って歩いた。
花芽が膨らんできたサクラ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック