FC2ブログ
2018年04月02日 (月) | Edit |
今日も朝から暖かい。日中の気温は初夏を思わせるような暑さとなった。
午前中畑に出ると、東の山林のほうからウグイスの鳴き声が聞こえてきた。
例年ならもっと早かったかもしれないが、しばらく畑仕事をしていなかったので、今年は今日が初めてだ。
ウグイスの声を聴くと今年も家庭菜園を頑張るぞ、という気になってくる。
畑の淵に植えてあるスイセンがあっという間にいくつも開花していた。シデコブシも満開だ。
ウグイスの声が聞こえてきた山林 スイセン シデコブシ
久し振りにジイ小屋で、水彩画の絵筆を握った。
今月16日から東御美術会の会員展(テーマ展)がある。
今回のテーマは「信州の風景」、20号までのサイズ2点を出品することになっているが、出品するような絵が定まっていない。
20号以下の絵ではどこかに出品したことのある絵を再出品するのはしたくない。
未発表作品を調べたが、出来のいい絵は何一つ残っていなかった。
たった一点白馬村の大出公園で白馬三山を背景に姫川を描いた10号の絵があったので、それを手直しすることにした。
この場所は何度か渓流釣りをした場所だ。よく釣れた場所なので悪い気はしない。
もう1枚はテーマ展までに20号の絵を新しく描くことにした。
去年1年描いてきたしろかきの風景画にもう一度チャレンジしてみるつもりだ。
果たして描く時間が作れるかどうかが問題だが・・・。
手直しした絵
気が付くとスズメが屋根の太陽光パネルの下に営巣を始めていた。
去年1年間イタチごっこを続けたスズメの巣作りとの戦いが、今年も始まった。
初めが肝心なので、まだ未完成の巣だったが、去年使っていた棒を持ち出して太陽光パネルの下の巣を掻き出した。
スズメの営巣との戦い① スズメの巣
スズメと格闘していると、西のほうから消防車のサイレンが聞こえてきた。
見ると立科町の棚田の向こうの工場のあたりから黒煙が上がっていた。
防災無線で火事を伝える放送が聞こえていた。ひはじきに消えて白い煙に変わった。
立科町の火事
お昼過ぎに宅急便が届いた。次女からバアが病院で着る春物のパジャマが2組送られてきた。
ちょうど気温が高くなり、滑りのいい春物のパジャマはバアも喜ぶだろう。
パジャマ
午後は2時過ぎに本院にバアの面会に行った。
行く途中の車ではオートエアコンが冷房になっていた。温度計は24℃になっていた。
バアは、午前も午後のリハビリでも外へ歩いて出たらしく、千曲川の河川敷を歩いたようだ。
ジイがいるときに病室に来た看護師に、早く退院の話を進めるよう改めてお願いした。
4時に病院を出て帰路に着いた。帰る途中夏物の半そでのTシャツが欲しい、というのでシマムラに寄って2枚買った。
店員さんに案内してもらって選んだ。
最近は日の入りが6時を過ぎるようになった。
夕焼け
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック