FC2ブログ
2018年04月03日 (火) | Edit |
今朝の気温は4月とは思えない暖かさだった。
7時過ぎにごみ出しに行ってきたが、前回3月に出しに行ったときは防寒着を着こんでいったのに、今朝は薄着で十分だった。
この時期中国大陸から黄砂やPM2.5などが飛んでくるが、今日はそれを思わせるような霞がかかって浅間連山が何も見えなかった。
ただ気象庁の黄砂情報を見るとこの霞は黄砂やPM2.5 の影響ではなさそうだ。
風もなくため池の水面が鏡になって土手や近くの木を映していた。
朝の景色
この初夏のような陽気で雑草も一気に活動を始めた。タンポポやつくしんぼを見つけた。
春を告げるサンシュユやコブシ、フクジュソウやスイセンに目を奪われて今日まで気が付かなかったが・・・。
タンポポ スミレとつくしんぼ
庭の南側、モミの木の隣に植えてあるソメイヨシノや、枝垂れサクラの花芽が、1輪ずつ分かれてきて赤く色づいてきた。
早ければ2,3日後には開花しそうだ。
ソメイヨシノの花芽 枝垂れサクラの花芽
午前中20号の画用紙をベニヤ板に水張りして、下書きのスケッチを始めた。
20号の画用紙
午後は、リハビリの終わる2時の時間に合わせて着くように家を出た。
病院に着くとバアがリハビリを終えて、ベッドで休んでいるところだった。
担当のPTさんから明日試験外泊をしてみませんか、と提案されたそうだ。
しばらくして医療ワーカーが来たので、金曜日に予定している主治医の診断によっては、退院の許可が出ればすぐにでも退院させたい要望をした。
明日の外泊の時間の打ち合わせをしにナースステーションに行くと、病棟の医師もいて、主治医と連絡してもらい、金曜日の退院許可が出ればその日のうちに退院できるよう手続きを取ってくれることになった。
試験外泊して戻った翌日になるので慌ただしくなるが、バアも試験外泊をしたいというので、ナースステーションに明日の10時から明後日の午後4時の期間の外泊許可申請をした。
バアを迎え入れる準備もあるので、3時半に病院を出て家に戻った。
散らかっている家の中を片付け、掃除をした。
夜になって、バアは久しぶりの帰宅で不安になってきた、と訴えてきたが2月22日に発症してから手術で入院するまでの自宅での様子に比べれば、今の状態は全く問題なく、ADLの水準も健常者に近いので、ジイは心配していない。
腰を曲げたりねじったりする動作だけはしないよう気を付けなければならないが・・・。
それより明日の昼食から明後日の昼食まで4回の食事をどうするか、そちらのほうが問題だ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック