FC2ブログ
2018年07月15日 (日) | Edit |
今日も晴れの一日が始まった。朝からすでに25℃と暑くなる予兆があった。
今日は東御美術会の例会の日だが、いろいろやることがあるので、休むことにした。
ただ、9月の会員展の案内ハガキの印刷を頼まれていて、印刷前の校正をしてもらう試し刷りを、庶務に渡す必要があったので、集合場所の中央公園まで8時半前に行った。
高地の湯の丸高原で写生することになっているが、暑いせいか参加者は少なさそうだった。
後ろ髪を引かれる思いだったが、家に戻った。
家に戻った後、畑でジャガイモ掘りをした。
心配した通り、テントウムシダマシに葉が食べられて、大きく育つことができていなかった。
粒が小さく量も少なかった。
暑くて汗が噴き出した。収量が多ければ掘っていても暑さが吹き飛ぶはずだが、わずか3列の畝を掘り返すだけなのに、掘り終わったらがっくりきてしまった。
掘り返したジャガイモ
昼食の準備はバアがしてくれた。
12時ごろには35℃を越える猛暑日となり、デッキの温度計で証拠の写真を撮った。
エアコンの冷房と扇風機で涼んだが、なかなか部屋の温度は下がらなかった。
ついに午後2時半には、デッキの温度計が39℃まで上がってしまった。
ここまで上がった経験はない・・・。
温度計
何もできず家の中でジッと暑さに耐えるしかなかった。
午後4時前ゴロゴロと雷鳴が轟いてきたので、掘り起こしたままにしていた畑のジャガイモをジイ小屋に運んだ。
去年までなら捨ててしまうようなサイズまで、ハードルを下げて拾い集めた。
ジイ小屋の中で乾燥させるため、何とか子ども達にも送れるサイズと、ハードルを下げて選別したサイズと分けて並べたが、今年は送れる数が極端に少ないのが一目瞭然だ。
今年は豊作だったタマネギがメインになりそうだ。
ジャガイモを移した後、畑の草取りをした。家の陰になって暑さは少し和らいでいた。
草取りの後、夏野菜に追肥した。
毎月1日と15日を追肥の日にしている。ようやく毎日収穫できるようになった。
ジイ小屋で干しているジャガイモ 草取りの後
午後6時を過ぎて幾分涼しくなったので、バアのリハビリウォーキングに出かけた。
そのころには立科方面の積乱雲は散らばり始めていたが、浅間山方面の積乱雲はまだどんどん発達途上で、遠くから雷鳴も聞こえてきていた。西日を受けて、一筋かすかに虹も見えていた。
今日も45分コースを30分で、杖なしで歩いた。
まだ時々腰をかばって背中を丸めて歩くことがあるので、口酸っぱく「背筋を伸ばして」と注意した。
杖なしのリハビリウォーキング 浅間山の積乱雲と虹

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック