FC2ブログ
2018年07月19日 (木) | Edit |
連日の猛暑が治まらない。全国的なことなので諦めるしかない。
今朝は1時間早く起きて、食事を済ませ畑で野菜を収穫した。
先日収穫したジャガイモやタマネギなどを子どもたちに発送しようと、ジイ小屋に行ったら、部屋の中に腐敗臭が漂っていた。
収穫したあと部屋干しするので、窓を開けておいたのだが、ここ数日の猛暑で相当の暑さになってしまったのだろう。
ジイ小屋で10年以上毎年乾燥させていたが、こんなことは一度もなかった。
ただでさえテントウムシダマシで収量も減りサイズも小さくなっていたのに、ほとんどのジャガイモの表面がシワが寄ったり、水分で濡れていた。
傷んだジャガイモ
何個か見た目には何でもないように見えるものもあったが、皮をむけば無事であるはずがない。
全量廃棄することにした。
畑に廃棄したジャガイモ
西日本災害で大きな被害を受けた農家の人たちの嘆き、悔しさを身をもって共感できた。
ただジイの場合はそれが生活の糧というより、趣味や健康のためという比率のほうが高いが、農家の人たちはそれで生活しているのだから、もっと大きな痛手に違いない。
急遽、豊作だったタマネギのほかに、ナスやキュウリ、レタスなどを入れて段ボールの隙間を埋めて箱詰めした。
午前中のうちに立科のクロネコヤマトの営業所に持って行った。
こんな暑さだからクール宅急便で送ることにした。
明日には配達されるので、LINEで子どもたちに連絡した。
午後はクーラーをつけ、じっと何もせずに家の中に閉じこもった。
陽が傾き始めた5時過ぎから、建物の陰になったブルーベリーエリアの草取りを30分ほどやった。
夏野菜は水やりをしないと葉がしおれたようになってしまうが、雑草はこんな猛暑でますます元気にあっという間に丈が伸びてしまう。
ミーちゃんが泥水を浴びたような格好でジイ小屋にいた。
汚れたミーちゃん
宿敵のクロシロにまた追い詰められてドブにでも落ちたのだろうか?
格好悪かろうが、嚙まれて傷を負うよりは逃げたほうがいい。
夕方6時前から広報などの配りものもあったので、バアとリハビリウォーキングに出かけた。
ヤマちゃん家の二人も同行した。今日は風があって、ここ数日の中では一番暑さが応えず歩きやすかった。
太陽が雲に隠れていたのも暑さが和らいだ原因かもしれない。
今日も夕焼けは地味だった。
雲に隠れた太陽
1か月延長された通常国会の終盤、結局は多数の横暴で参院の定数を増やす公職選挙法の改悪やカジノ法を強行採決してしまった。
もはや日本には民主政治などなくなってしまった・・・。
選挙制度までお手盛りで変えてしまう政治は、最早危険水域を超えて決壊した豪雨災害と変わらない。
これからの日本は危ないぞ!!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック