FC2ブログ
2018年09月19日 (水) | Edit |
シェフナベさんと師匠は、5時にホテルを出て上尾に帰って行った。
見送った後、もうひと眠りしようとしたが眠れなかったので、朝風呂に入りに行った。
露天風呂から白馬村や白馬三山を眺めようとしたが、濃い霧に包まれて目の前の杉林しか見えなかった。
朝食は少し時間をずらして8時前にレストランに行くと眺望のいい窓際の席が取れた。
朝風呂の時は何も見えなかった白馬村の家並みが見えるようになっていた。
食事が終わるころには、白馬三山も少しずつ霧が消えてきていた。
レストランからの眺め
8時半にチェックアウトして、会員の一人が描きに行きたいといっていた野平集落に向かった。
シェフナベさんから無事家に着いたと電話があった。
ホテルを出て間もなく、白馬三山から唐松岳、五竜岳まで稜線が全部丸見えの景色が迫ってきていたので、思わず車を停めて写真を撮った。
今度の写生旅行の時にこんな景色だったらいいのに・・・。
今回泊ったホテルに写生旅行の時も泊る予約をしている。
ホテルに聞いたら、雨の時は朝からロビーを使わしてくれる、というので安心したが、雨よりこんな景色が何よりだ。
ホテルの近くの景色
野平集落に行くと、ここからの景色も、ホテルを出た先の景色以上だった。
先の神城断層地震で大きな被害を受けたことは聞いていたが、ほとんどの家が修復されていた。
みな屋根が以前の形に直しているのだろうが、またらしく光っている。
野平集落は駐車場もトイレも整備されているので、場合によっては写生場所はこちらでもいいかも。
野平集落① 野平集落②
このあと、写生予定地になっている青鬼集落に行った。
こちらも地震の被害が大きかったところだが、見た目にはあまり変化は感じられなかった。
以前に来た時に見えた北アルプスの山並みが何処かわからなかったが、今日は山容の全貌が見えて、左から五竜岳から唐松岳が見えていることが分かった。
ここでスケッチを1枚仕上げた。
やっと描きおわったころバアがLINEで、白馬村から全然動いてないけどどうしたの?と書いてきた。
グーグルの地図で現在地共有しているので、ジイがどこにいるか分かるようになっている。
急いでスケッチ道具を片付けて帰宅することにした。
青鬼集落① 青鬼集落② スケッチ
途中、初日にスケッチした場所で描いた景色を写真に収めた。
いまいちできが悪いスケッチなので後で描き直したくなった。
五竜スキー場
12時半には着くだろうと思ったが、午後1時を過ぎて家に無事到着した。
バアがお昼を用意してくれていたので、何もしないで美味しいお昼を食べることができた。
昼食の後、釣り道具を洗って干した。
陽射しが真夏のそれに戻っていた。N-boxが泥だらけになっていたので、洗車もした。
マットも洗ったが2時間も干したらしっかり乾いていた。
洗車していると、クロネコの宅急便で岩手の師匠から取れたてのプリプリのサンマが届いた。
8月末には注文しておいたから間もなく届くんではないかと言っていたが、グットタイミングで届いた。
師匠も午後2時には帰宅したそうだ。
釣ってきた魚を下処理して、気が付いたら午後6時になっていた。
夕方リハビリウォーキングをしようと思っていたのだが・・・。
夜になって3日分のブログをアップした。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック