FC2ブログ
2018年12月27日 (木) | Edit |
朝いつもより1時間早く起きた。6時ではまだ日の出前なので外は暗かった。
今年最後の用事を済ませるために東京まで出かける。
今月初めの東京行きでは帰りの高速バスの中に財布を落としてきてしまったので、今日は財布をポケットに入れずポシェットに入れて行くことにした。
今回はバアも同行するので、なくさないようしっかりチェックしてくれるだろうが・・・。
佐久インター南のバス停8時10分発なので、7時半前に家を出た。
外は氷点下だがマイナス2℃とそれほど厳しい寒さではなかった。
8時にバス停に着いてバスを待ったが、10分遅れて着いた。
その遅れが池袋到着まで取り戻せず、20分遅れで池袋に着いた。
池袋から新宿に行き、用事を済ませたあと、昼食がまだだったので、豊洲市場の見学を兼ねてお昼を食べに行くことにした。
いろいろ行き方はあるようだが、乗換案内アプリで調べたら、新宿から地下鉄大江戸線で汐留まで行き、そこから「ゆりかもめ」で市場前に行くのが、乗換も少なく簡単そうだったのでそれで行くことにした。
ユリカモメに乗るのはジイは初めて、バアも二度目だった。
汐留駅での乗り換えは、地下最深部から地上の高架までエスカレータや階段、エレベーターを乗り継いだ。
階段を使わない移動手段を探すのは結構大変で、車椅子の人や足の不自由な人がいかに苦労しているか身を持って体験した。
豊洲市場には1時半過ぎに到着し、まずは腹ごしらえと思って下調べしたお寿司屋さんに行ったら、行列ができていた。
他にもお店はあったが大なり小なり行列ができているので、最初のお店と決めて並んだ。
結局30分ならんでようやくカウンター席、それも入口に一番近いところになった。
せっかく遠くから食べに来たのだからと、年金生活者にはそぐわないちょっと高めのお寿司を頼んで食べた。
やはり普段スーパーで売っているような寿司ネタとは違う味に満足した。
ただ、並んでいる人たちからは丸見えの場所なので、食べていても落ち着かなくて、ゆっくり味わえなかったのが心残りだ。
食事の後は、マグロなどのセリが行われる建物の見学などをした。
広すぎてほかの野菜などの市場までは回り切れなかった。
豊洲市場 すし店 お寿司 マグロのセリ場
帰りに、これも行ったことのないお台場海浜公園でゆりかもめを途中下車した。
駅から砂浜のある海辺までいくつもの階段を降りなければならず、さすがにバアの足や腰も悲鳴を上げ始めた。
砂浜を少し歩いた後しばらくベンチで休んだ。
観光客の大半は外国人だった。テレビ中継でよく見る景色が眼前に広がっていた。
レインボーブリッジの中をゆりかもめが走っていることも今日初めて乗ってわかった。
台場海浜公園
再びゆりかもめに乗って終点の新橋まで行き、新橋から山手線で池袋まで行った。
バスの出発まで1時間近く時間があったので、近くの喫茶店で休んだ。
持って行った原田マハ著「キネマの神様」を読み始めた。
帰りの高速バスの中でも読み続けた。
バスは都内が混んでいたので30分遅れで佐久南インターに着いた。
家には9時45分に帰ってきた。
一息入れてから読みかけの本を最後まで読んでいたら、夜中の12時半になってしまった。
近頃は、文庫本1冊を一気に読み通すような読書力はなくなってしまったと思っていたが、面白い本なら読み切れることが分かった。
さすがにそれからブログを書く元気はなかったが・・・。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック