FC2ブログ
2019年03月06日 (水) | Edit |
昨夜は早く寝たので、5時ごろ目が覚めてトイレに行き、その後は眠れなくなったが6時過ぎまで寝床の中でタブレットでニュースや天気予報を見て過ごした。
外も少し明るくなってきたところで起きた。
二人一部屋だったので、隣で寝ている人の目を覚ました様子がうかがえたので起き上がった。
7時の朝食まで時間があったので、民宿の回りを写真を撮って歩いた。
曇りの予報だったが、山には雲がかかっておらず山容の全景が見えた。
はじめは山に日が当たっていなかったが、7時前になると朝日が山を照らすようになった。
美麻の朝景色
朝食も盛りだくさんだった。普段の家での朝食の倍はあったかもしれない。
当初民宿周辺で絵を描く予定をしていたが、山に雲がかかっていなかったので、昨日逆光で描けなかった白馬村の松川の川沿いに行って描くことにした。
8時に民宿を出て、はじめに白馬駅近くのビューポイントで写真を撮った後、松川に行った。
ここは渓流釣りの時に、仲間が釣っている間ジイだけ写生をした場所だ。
昨日下見に来た時にみんなここで描くイメージができていたようだ。
白馬松川の雪景色八方尾根唐松岳 白馬三山
8時半ごろから描き始め、ジイは10時半までに2枚描いた。
2枚目の途中で、山にガスがかかり始めて雪の筋が見えなくなってしまったので、未完成だが中止した。
今日は山の景色がよく見えて、八方尾根のゴンドラやロープウェイの筋を辿ることができた。
かつて八方池を経由して登った唐松岳や登ったことがないがよく眺めた白馬槍や杓子岳が手に取るようだった。
スケッチ① スケッチ②
11時でみな道具をしまって、白馬の道の駅に行った。30分ほどコーヒーを飲んで体を温めた。
雪の中で描いていたので冷えたと思ったが意外と気温が高くてそれほど寒くは感じなかった。
その後姫川源流の湿原を見に行ったが、こちらはまだ雪に埋もれていた。
フクジュソウやカタクリの花が咲き始めているかと思ったが、いくら暖冬でもまだ早かったようだ。
お昼近くになり、白馬を後にして小川村の道の駅に向かった。
道の駅で少し遅い昼食の後、写生を終了して帰途に就くことにした。
2時半前に東御市中央文化会館駐車場に戻ってきた。
今度の写生旅行は、会としてのものではなく個人的なものだったが、少人数でそれぞれの絵に対する思いなども話し合えて有意義だった。
また雪景色を外で写生しているにもかかわらず、ほとんど寒さを感じずに描けたのはラッキーだった。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック