FC2ブログ
2019年03月07日 (木) | Edit |
今朝は6時に起床して早めに朝食をとり、東京に出かけた。
最近は新幹線より割安な高速バスの利用がメインになった。
バスの事故が起きるたびに安全性に不安を覚えるが、それも時が経てば不安も薄れてくる。
佐久インター近くのバス停には到着時刻の5分前に着いた。
丁度通勤時間帯でもあったので、計算より5分遅くなったが・・・。
いつも10分程度は遅れてくるので車の中で待っていたら、時間前にバスがやってきたので慌てて車から降りてバスに乗った。
夜のうち降った雨は止んでいたが、途中佐久から軽井沢までの間は、積雪で真っ白になっていた。
それも群馬県側に入ると雪はまったくなかった。
車窓から見える景色は、首都圏に近づくにしたがって、早くも木が芽吹いているものもあって季節の違いを感じた。
東京都内に入ったころから、バスのフロントガラスに雨粒が当たるようになった。
池袋には予定到着時刻より10分も早く着いた。
早く東京に着いたので、用事も12時半過ぎにはすべて終わった。
新宿の地下の四川料理の中華レストランでお昼を食べた。
ランチ② ランチ①
雨が小やみになっていたので、新宿御苑に行った。
園内の梅は満開になっていた。早咲きのヒカンサクラ系のサクラなども満開になっていた。
我が家ではロウバイが咲き始めたばかりというので、ここではもう花が茶色くなり始めていた。
新宿御苑散策 満開のウメ オカメサクラ ロウバイ
スイセンも花が終わっているものあった。おそらく1か月以上季節の差があるのだろう。
歩き始めて30分もするとまた雨が本降りになりだしたので、園内の大温室に入った。
ここならガラス張りの中なので雨の心配はない。
新宿御苑は環境省の施設だが、中でも温室は国内の温室園芸の先駆け、基礎を作ったところというだけあって、種類も装置も目をみはるものがあった。
日本では見られない原色の花がたくさんあった。
長いカタカナの名前などとても覚えられない。
名前にシンジュクが入ったここで作出されたランの品種も咲いていた。
バナナの花 蓮の花 新宿の名前が付いたラン
温室を出るとさらに雨が激しくなっていたので園内の散策はやめて、新宿三丁目近くの喫茶店で休憩した。
もう何年か東京通いをしているが雨に降られたのはほとんどなかった気がする。
その後新宿、池袋でショッピングをした後予約してあった高速バスで帰路に就いた。
帰りも、都内の道路が空いていたので、遅れることなく佐久に着き、9時過ぎには帰宅することができた。
こちらは雨が降った気配はなかった。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック