FC2ブログ
2019年03月17日 (日) | Edit |
また冬がぶり返したような寒さでマイナス8℃まで最低気温が下がった。
朝のうちは日が差していたが、間もなく雲が出てきた。
今日も東御美術会の例会があるので、8時半に家を出て祢津公民館に行った。
水彩画の会だけで4つ、毎月の例会は全部で5回あるので、まじめに全部出席すると結構忙しい。
絵の上達は数を重ねるところにある、と言われているので頑張るしかない・・・。
持って生まれた才能があれば別だろうが、凡人には努力するしかない。
東御美術会の例会も、1月の総会からしばらく出席者が多かったが、さすがに息切れしてきたらしく、今日は10人しか集まらなかった。
3つほど画題が用意されていたが、その中から紙風船を選んで描いた。
一番描きやすい画題かと思って選んだが、実際に描き始めると、紙風船も紙袋に掛けられた布もしわが多く、陰影が複雑で苦労した。
紙のサイズが6号のF版で少し小さめだったので、例会中に仕上げることができた。
午後1時半まで描いた後、会長から講評してもらった。
苦労した布の表現では、布の柔らかさが出し切れていないと指摘されてしまった。
画題 今日描いた絵
午後2時前に解散となったので、2時半前に帰宅した。
そのころは雪が降る予報だったが、また雲が晴れて陽がしてきていた。
その後夕方にかけて、空が目まぐるしく変化した。
急に暗くなって数分雪が降ってきたと思ったらまた日が差してきたりした。
外に出て空を見上げると、南半分は雪雲、北半分は青空になっていた。
我が家の上空は青空の端になって家の屋根に日が当たっていたが、南の立科町は雪が降っている感じだった。
居ながらにして二つの天気を経験するなどというのは滅多にないことだ。
今の日本を始め世界の政治経済状況を反映しているような天気だ。
暗雲と晴れのせめぎあい、晴れになって欲しいものだが・・・。
南の空 西の空 北の空
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック