FC2ブログ
2019年04月04日 (木) | Edit |
フランクフルト18時10分発の羽田行きの便は10分ほど遅れて飛び立った。
往きの時より薄着をしていたせいか、機内の温度が低く感じた。
一昨日あたりから痛くなった喉が少し痛みが和らいできていたが、また痛くなってきた。
機中では、日本の映画を1本だけ見たあと眠ろうとしたがなかなか眠れなかった。
約11時間の飛行中眠れたのは2時間ぐらいだろうか。
羽田には12時過ぎに無事到着した。
まず入国審査だが、出国の時もそうだったが、今はパスポートの顔写真と目の虹彩を照らし合わせるだけなので、並ぶ必要もなかった。
すぐにスーツケースが送られてくるベルトコンベヤーで、スーツケースを待った。
同じツアーの人の中で北海道と福岡の人たちのスーツケースが出てきた後、それ以外の我々のグループは最後のほうになった。
まずバアのが来たあと、ジイのがなかなか出てこない。
そのうちツアーの人たちも順に受け取ってお別れを言いあったが、ジイのだけは出てこなかった。
気が付いたらもう新しいのは出てこなくなった。
ルフトハンザと共同運行している全日空の手荷物の係の人が、ジイの名前のタグが付いた黒いカバンが一つ残っているという。
ジイのものとは似ても似つかない代物だ。
手荷物のカウンターに行って調べたところ、ナポリで積み込む際にジイのカバンのタグが外れ、タグを再交付して張り付ける際にジイのカバンにではなく別人の黒いカバンに付けてしまったのではないか、とのことだった。
ジイのカバンの行方を調べてもらったところ、どうやらミュンヘンに行っているとのことだった。
ナポリの段階でジイのカバンはフランクフルト行きの飛行機には乗っていなかったことになる。
最終的にどういう形で手元に送られてくるのか、わかり次第連絡するとのことで、ひとまず羽田にとどまっていてもどうすることもできないので帰宅することにした。
そこまで添乗員さんも付き添ってくれていたが、そこで引き取ってもらった。
無事ツアー旅行も終わって添乗員さんも一息入れたいところだったのに、申し訳ない。
全日空の係員も別のカバンと入れ替わって送られてきたというケースは初めてだと言っていた。
1時間以上手間取ってしまった。
羽田からモノレール、山手線を乗り継いで東京で北陸新幹線のホームに行ったが、ちょうどいい新幹線は2分後でぎりぎり焦って乗るよりはと思って次の新幹線にしたら、40分待ちだった。自由席なので、待合室で発車を待つわけにもいかず、ホームで並んで待っていたが、立っていても眠ってしまいそうな睡魔に襲われた。
やっと新幹線が入構して車内に入れたのは発車3分前だった。
折り返し運転のため車内清掃があり、すぐに車内に入れてもらえなかった。
新幹線の車内では、眠くならないよう子どもたちとラインのやり取りをして眠気を追い払った。
上田駅には眠りこまずに無事降りた。
しなの鉄道は20分待ちで乗ることができ、田中駅で降りて駐車場に行った。
10日間置きっぱなしにしてあった車は傷も付いておらず、無事だった。
ツアーの人たちに話したら、うちの方だったらそんなことをしたらタイヤ4本とも持っていかれているよ、と脅され少し不安だったが、こちらはまだまだのどかなものだ。
午後5時半に自分の家に戻ってくることができた。
スーツケースがないので、片付ける荷物もあまりない。
気温が低い日が続いていたのか、家の中の温度が13℃まで下がっていた。
すぐに暖房を点けた。
眠いがすぐに寝てしまうと時差ぼけが抜けないと思い、寝たのは10時半だった。
やはりトイレやお風呂は自宅のものが落ち着く。日常が戻ってきたと感じた。
午後7時半ごろ全日空から電話があって、明日荷物が羽田に送られてきて、明後日には宅配されるとのことだった。
バアのカバンは明日の午前中に届くので、一日遅れでも無事に荷物が届けばよしとしようか・・・。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック