FC2ブログ
2019年04月29日 (月) | Edit |
みちのく釣行も今日で最後となるので、3日間の絶不調を取り返そうと、5時から朝食前の釣りに出かけた。
毎年数尾は釣り上げているポイントへ行った。
ここで何とかトータル二桁の釣果にしたい、と内心記するものがあったが、残念ながらここも全くあたりがなく、与えられた2時間のうち1時間でもう戦意喪失になった。
それでも車で迎えに来てもらう形になっているのでやめるわけにはいかないし、高原なので朝はまだ寒くじっとしているわけにもいかない。
予定して以上のエリアを釣り上がったが、なにも当たりがない虚しさが続いた。
ようやく迎えの車が来て乗り込んで山荘に戻った。
温泉に入って体を温めてから朝食をとった。
朝食の後は、午前中最後の釣りに出かけることになった。
出かける前に道具を点検したら、車の中のどこを探しても釣り竿がなかった。
朝の釣りで迎えの車にピックアップしてもらった時のことを思い返したが、確かに竿を積んだか思い出せなかった。
一緒に手にしていたビクと餌箱は車に積んであったが・・・。
結局最後の釣り場とは反対方向だが朝ピックアップしてもらった場所へ行ったら、竿が置きっぱなしになっていた。
昨日は川で流れた時に必死に追いかけて取り戻したばかりだというのに、認知機能の低下が進行していることをさらけ出してしまったようなばつの悪さだった。
最後の釣行も結局1尾釣れただけで納竿となった。
師匠に案内されて釣るようになった釣行では、今までどんなに悪くても20尾以上、多い時には50尾ほど釣れていた。
急激な天候不順の影響があったとはいえ、それでもなんとか辻褄を合わせる釣りができなかった悔いが残った。
帰りは八戸自動車道の九戸インター近くの道の駅おりつめでお昼を食べた。
その後九戸インターから浄法寺インターまで高速で行った後、天台の湯で汗を流した。
3時ごろ安代インターで高速に乗り、師匠とは岩手山サービスエリアで別れたあと、東北自動車道をひたすら走って埼玉に戻った。
ゴールデンウィーク中で渋滞があるかと思ったが、宮城、福島ではほとんど渋滞はなく、宇都宮を過ぎて佐野あたりまでほとんど渋滞なく走ることができた。
シェフナベさんの新車のおかげで運転も疲れることがほとんどなく快調だった。
佐野から舘林を過ぎるまで渋滞に巻き込まれ1時間近く時間をロスしたが、10時半には上尾まで帰ってくることができた。
荷物の積み替えなどをしてシェフナベさんの家を出たのが11時前だった。
関越道には東松山インターから乗ったが、全く渋滞はなく順調だったが、関越から上信越道に入ったころから眠くなり始めたので、横川サービスエリアで10分休憩した。
コーヒーを飲んで眠気を飛ばし、あとは自宅まで休まずに走って1時過ぎに無事家に戻った。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック