FC2ブログ
2019年05月27日 (月) | Edit |
昨夜はやっと12時過ぎに寝付くことができたが、4時ごろから部屋の中で起きている人がいた。
ジイはまたすぐ寝入って、5時過ぎに目が覚めた。
部屋には誰もいないのでびっくりして目が完全に冷めた。
お風呂に入りに行ったようだ。
もう外は明るくなって、山の稜線も見えるようになっていたので、ジイも部屋から見える景色を描くことにした。
描き始めて間もなくいなくなっていた二人が戻ってきた。
やはりお風呂が5時から入れる、というので入りに行っていたようだ。
ジイも6時過ぎにはスケッチを描き終えた。
市内から見た景色 ジイが部屋で描いた絵
7時からの朝食バイキングに行き、男性会員みんなで一つのテーブルで食べた。
別に申し合わせたわけではないが、7時前に全員集合していた。
8時半にホテルを出発して、二日目の写生地大王わさび農場に行った。
1時間かからずに到着した。
当初見物人が多い農場内より、農場から少し離れた田んぼのあるところまで行って描く予定だったが、そちらのほうは木陰もないところなので、全員農場内の木陰のあるところ描でくようにした。
年齢的にもジイが若手の部類に入るような団体なので、熱中症で倒れられても困る。
ちょうど人の流れから外れたところで、大きな木の陰があったので、ほとんど全員がそこで描くことになった。
昨日苦労した有明山よりも左手になる常念岳がよく見える場所だったので、今日は常念岳をテーマにすることにした。
常念岳を描くのは初めてだった。
今日は暑さと疲れもあることから、お昼まで描いて、その農場内でお昼を食べたりお土産を買ったりして過ごし、午後1時半に迎えに来てもらうようにした。
実際に描いた時間は2時間半ほどしかなかったので、完成には至らなかった。
それでも木陰で風が抜けて、昨日よりも涼しく感じながら描くことができた。
画題の常念岳 ジイの描いた常念岳
お昼は、農場内の蕎麦屋さんでおそばを食べた。
送迎のバスが来るのを待っている間に、全員でワサビソフトを食べた。
水車小屋など写生スポットを写真に撮って歩いた。
今年はこの水車小屋を2枚描いているが、またその写真をもとに描いてみよう。
水車小屋① 水さy小屋②
1時15分にバスが来たので、それに乗って帰路に着いた。
途中トイレにも寄らずにまっすぐ中央公園まで走ったので、3時前に到着した。
誰も具合が悪くならず、無事元気に戻れて写生係としてはホッとした。
家に戻ると長女が来ていた。
昨日仕事が終わった後くるというので、ジイがいれば上田駅まで迎えに行ったのだが、運転に自信のないバアが迎えに行くので、近くの田中駅まで来てもらったようだ。
明日帰るのでその時はジイが上田駅まで送ってやろう。
いろいろ積もる話を夜中まで話した。
下線文
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック