FC2ブログ
2019年05月29日 (水) | Edit |
朝のうちはどんよりした曇り空だった。
夜中に雨が降ったのか、庭の土は湿っていた。
10時ごろから晴れ間が出てきたので庭に出てみると、ミーちゃんを埋めた庭のお墓が動物によってあばかれていた。
壊されたお墓
囲いのレンガも倒され、重しを置いて板で蓋をしていたにもかかわらず、その脇から穴を掘って掘り出したようだ。
昨夜、長女を上田駅まで送った後、家に戻ってきたときに、ため池のところでキツネを見かけたので、おそらくそのキツネが犯人だろう。
ミーちゃんをくるんでいたタオルが庭の隅にあったので、どこかへ持ち去られてしまったに違いない。
自然界では、死ねば他の動物に食べられたり、腐敗してバクテリアの餌になったりして自然に還るのが当り前なのだから、これも仕方がないことだろう。
人間でもいまだに鳥葬が行われている国もあると聞く。
荒らされたお墓をそのままにしておくわけにもいかないので、全部囲いに使っていた人工のレンガを組み直した。
少し勾配のある土地なので、レンガが崩れかかっていたので直すいい機会になった。
ヘルニアの手術が終わってからやるつもりだった、庭の通路の砂利敷きもついでにやることにした。
晴れて日差しが出るようになったが、それほど気温も上がらず作業しやすい気候だった。
午前中では終わらなかった。
昼食の後、保健補導員の仕事である特定検診受信票の配布が終わった報告をしに、市の総合福祉センターに行った。
2軒ほど居住地が分からず市に戻した。
用事を済ませたあと、帰りに明神池に寄って、池の外周を二周した。
一昨日バアが長女と明神池までリハビリウォーキングできた時に、池の水がすごく減っていたと言っていた。
今日見てみたら、今まで見たこともないような貯水量の減少で、池の底が見えていた。
明神池
家に戻った後、お墓や庭の通路の砂利敷きなどの続きをして完成させた。
お墓を修理 庭の通路
あと少しで終わりそうな時に電話が入った。
午後5時発表となっていたが、3時過ぎには日本水彩画会のホームページに入選者が掲載されたようで、第一報はKさんからの「入選おめでとう」というものだった。
それから何人かの人から電話をもらった。
上田支部長から入選者リストをファックスするように頼まれていたので、早速リストを印刷しファックスを送った。
最初に電話をしてくれたKさんは、もう何年も連続して入選しているので、今年は会友に推挙されるのではないかと思っていたのに、入選していなかったという。
どう見てもジイよりいい絵を出品していたはずなのに・・・。
何人もそう思っていた人が落選しているので、審査員の目がますますわからなくなってしまった。
今回は上田支部関係では20人中10人の入選で、5割の確率だった。
娘たちにはLINEで知らせた。
長女とは一緒に東京展を見に行くことになった。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック