FC2ブログ
2019年08月23日 (金) | Edit |
今日は佐久総合病院の整形外科の再診予約が入っていたが、昨日のうちにキャンセルした。
先日受診したときに、膝に溜まった水を抜いてもらい、ヒアルロン酸を注入してもらって痛みが和らぎ、おとといの釣行でも痛みが出なかったので、あえてもう一度見てもらう必要もないと思ったのと、先週の金曜日に予定されていた佐久平水彩画研究会の例会が今日に変更になったこともあってキャンセルした。
先日延期の知らせがあった時は、病院に行ってから例会に参加する旨伝えていたが、今日の時点では、スタートから参加するつもりでいた。
8時半に家を出たが上田支部の支部展の資料を持って出るのを忘れたのを途中で思い出して家まで戻ったりしたので、会場には15分遅れで着いた。
ちょうど始めの事務連絡が終わったところだった。
今日は人物画で、若いモデルさんも来ていた。
9時半ごろ長野市から日本水彩画会の参与のU先生が指導に来てくれた。
はじめに人物画を描くにあたって、クロッキーを描く上での留意点を参考になる絵をもとに説明してくれた。
人物画を描く初歩としてクロッキーで人体の形、ありかた、運動感、内面性などを捉えるための練習をすること、プロポーションや動きの流れが重要で、描かなくてよい無駄なものを知ることも大切である、と説かれた。
理屈ではわかるような気もするが技術が伴わない・・・。
3つのポーズをそれぞれ5分間でクロッキーを描いた。
短い時間でいかに体の線や動きを捉えるか苦心した。
その後、3つのポーズの中で最もリクエストが多かった、座って足を組むポーズで描くことになった。
モデル
10時半からお昼をはさんで午後2時まで描いた。
多くの人は20号の画用紙を用意してそれに描いていた。
ジイは8号以上の大きい紙では描いたことがなかったので、8号の紙に描いたが、他に人に比べてかなり小さく見えた。
2時からU先生から1点1点講評をしてもらった。
ジイの描いた絵 U先生の講評
2時半に終了し、その後会長と打ち合わせをしたあと佐久創錬センターを出て帰宅した。
帰りに、行きつけの薬局に行って昨日マツキヨで処方してもらわなかった薬を処方してもらうつもりだったが、それをすっかり忘れて家に直帰してしまった。
バアに言われて初めて思い出した。
週末になって薬局が開いていないと、処方箋の有効日数は4日間しかないので、薬がもらえなくなる可能性もある。
家に戻って落ち着く間もなく家を出て薬局に行った。
午後4時になっていたが薬局は混んでいたが、昨日のマツキヨのように30~40分も待たされることはなく、10分もかからず薬を受け取れた。
夕方ジイ小屋で50号の紙を自家製のパネルに水張りをした。
上田支部展には、東京展で入選した絵を出品してもいいという話もあるが、これからのためにも新しい絵を描いて出すことにしようと思っている。
もう残り1か月を切っているが・・・。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック