FC2ブログ
2019年10月02日 (水) | Edit |
今朝は5時半に一度目が覚めてトイレに行ってから眠れなくなった。
6時半に起きて着替え、ステーションまで金属陶器の袋を車で出しに行った。
歩いて持って行こうとしたが、重いので膝への負担を考慮して車にした。
午前中、Iさんの画集10冊分追加で印刷することになったので、その作業に取り掛かった。
今回は、同じページを10枚ずつまとめて印刷する方法にした。
今まで、一冊分奇数ページを印刷したあと、その裏面に偶数ページを印刷するようにしていたが、特殊な紙なので時々プリンターが複数枚紙送りをしてしまい、ページがずれて印刷すると、複数枚が無駄になるという失敗が度々あった。
今度は、紙送りが複数になってもみな同じページなので、やり直せばいいので無駄が出ない。
初めからそういう方法にしておけばもっと時間も紙も使わずに済んだものを・・・。
今日は午後2時過ぎまでかかって、奇数ページを各10枚ずつ印刷し終えた。
これで来週の上田支部の例会でIさんと会うときに渡せる目途がついた。
印刷を終えた後、3時からバアとリハビリウォーキングに出かけた。
本当は午前中のうちに歩きに行きたかったが、晴れて暑くなってとても歩くのには適さない気温だった。
午後1時半ごろのデッキの温度計は31℃の真夏日となっていた。
近づいている台風の影響もあるのかもしれないが、今年も気象が異常だ。
異常気象も何年も続くとそれが通常となる。その原因を作っているのが人間だ。
31℃の真夏日
ようやく3時になって雲と風が出てきて歩きやすい気候になった。
1時間ほど歩いたが、いよいよ歩くコースの所々で稲刈りが始まっていた。
これから数日のうちに大型のコンバインであっという間に刈り終わってしまうのだろう。
リハビリウォーキング 稲刈り風景
リハビリウォーキングから帰った後、畑に干してあった稲藁を、藁の収納庫、といっても単管パイプの骨組みに板を打ち付け、波板の屋根を掛けただけの掘立小屋だが、そこへ積み込んだ。
この後は、コンバインが田んぼに落としていった切り藁を丸めたものを頂ければ、来年の家庭菜園はばっちりだ。
夜から、上田支部の11月の小品展の案内ハガキの残りの分を印刷した。
プリンターを一日酷使したが、トラブルなくずっとご機嫌よく動いてくれた。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック