FC2ブログ
2020年11月15日 (日) | Edit |
今朝は今季一番の冷え込みになった。
家の南側の畑が霜で白くなっていた。
近くの気象観測所の最低温度はマイナス4.9℃だった。
朝の霜
空には雲一つなくお出かけ日和だが、今日も東御美術会があるので、ジイだけで8時半に出かけた。
会場は、昨日の彩明会と同じ祢津公民館だ。
東御美術会も、今日は常任委員会を午後からやる予定があるので、絵を描くのは午前中だけとなった。
画題の一つは、昨日ジイが家から持って行った百匁柿で、昨日同じ会場なので置いていったものだ。
他に菊の花もあったが、午前中だけではとても描き切れないので、先日上田支部で描いて、完成していなかった菊を描いた絵を持って行ってあったので、それを完成させることにした。
日本水彩画会の会員である上田支部の重鎮たちも、東御美術会の常任委員になっていて、朝から来ていたので、いろいろ指導してくれた。
何とかお昼までに仕上げることができた。
完成させた絵
途中、絵を描くのを中座して、祢津公民館に近いスーパーで駅弁大会をやる新聞折り込みが入っていたので、昼食用にそれを買いに出かけた。
お昼を食べた後午後1時から常任委員会が行われた。
議題の中心は、来年度の事業計画だったが、ほぼ庶務が用意した計画案で決まった。
今年で、常任委員を始めて三役など執行部の任期が終了するが、今年行う予定だった70周年記念事業が、コロナの影響で中止となったので、その事業を終了させるまでは、現体制で引き続きやって行くことになった。
世代交代をすべきという声も上がったが、次の世代を担える人が育っていないのが実情だ。
ジイのような世代が、まだ会の中では若手になるということ自体が、組織としては大きな問題だ。
ジイたちの世代までは、ほぼ60才を節目として現役を退き、その後の自由な時間を生涯学習の道に進もう、という人も多かった。
ジイもその一人だが、ジイの後の世代は、年金支給開始年齢が年々遅くなり、そのために働かざるを得なくなってしまって、市の主催する生涯学習講座も受講生が少なくなっているか、高齢化が進んでいるかのいずれかで大きな岐路に立っている。
昨日の彩明会も、今日の東御美術会でも、生涯学習講座で育って人の受け皿になっているが、新しい人が入ってこない、人も育たないという問題に直面している。
2時過ぎまで協議して委員会は終了した。
帰りに、上田支部の支部長を自宅まで送り、上田創造館の利用申請書に必要な支部の角印を預かった。
2時半過ぎに家を戻り、リハビリウォーキングに出かけようと思っていたら、バアは午前中に一人で1時間歩いてきたと言うので、ウォーキングは中止した。
昨日の午後からトラクターが暗くなるまで南側の畑を耕していたので、それを見に行った。
昼間トラクターが動くのはよく見るが、夜暗くなってからライトを付けて動かしているのはあまり見かけない。
かなり広大な畑を1台のトラクターですっかり耕し終わっていた。
またこれから麦を蒔くのだろうか?
去年から今年にかけて麦を蒔いたので、絵になる景色になった。
今年もそうなって欲しいものだ。
耕された畑
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック